日刊大衆TOP 社会

自衛隊が対峙した「地下鉄サリン事件」知られざる秘話

[週刊大衆03月30日号]

誰もが予想だにしなかった強力な"化学兵器"を用いた凶悪テロ――。国家転覆の危機に陸の精鋭が動いた!!

ちょうど20年前の1995年3月20日、午前8時――わが国の政経中枢を未曽有のテロが襲った。ご存じ、オウム真理教による「地下鉄サリン事件」だ。
卑劣なテロの舞台となったのは、首都東京の地下を走る丸ノ内線、日比谷線、千代田線の各車両だった。丸ノ内線と日比谷線は2つの車両でサリンが撒かれているため、合計5つの車両で被害が出た。当時を知る警察関係者が明かす。

「ちょうど、通勤・通学ラッシュのピーク時を狙った犯行でした。さらに、霞ヶ関、国会議事堂といった政治関係者、官僚の多くが利用する駅を通る路線を選んでいる。実際、私の知り合いでも被害に遭った者が少なからず存在します。あの犯行が、国家の中枢に"痛恨の一撃"を与えんがためのテロ行為だったことは明白です」

当日、実行犯のオウム信者は、ビニール袋に無色透明の液体サリン1リットル程度を詰め、車内に持ち込んだ。
さらにこの袋を新聞で包み、「読み捨てられた新聞」という偽装工作も行っている。
「サリン入りの袋を包む新聞は、教団幹部の指示で、共産党の機関紙である『赤旗』と、創価学会の機関紙である『聖教新聞』が選ばれました。事件とは無関係の両組織の関与を示唆する物証を現場に残すことで、捜査をかく乱する意図だったとされています」(当時取材に当たった全国紙記者)

有機リン化合物であるサリンは、化学兵器としてナチス・ドイツが開発した致死性の神経ガス。
「実行犯となった信者は、電車が停車する寸前にサリンの入った袋を床に置き、先を尖らせた傘で穴を開けたんです。そして、すぐさま降車し、逃走したことが判明しています。これを"鬼畜の所業"と言わずして何と言えばよいのか……」(捜査関係者)

死者13人、負傷者約6300人という、甚大な被害をもたらしたサリン事件。今なお、サリン吸引の後遺症や、PTSD(心的外傷後ストレス障害)に悩まされる被害者も少なくない。
オウム教団が、かくも残忍なテロ行為に及んだ理由とは何なのか。それは、前年6月の「松本サリン事件」に端を発する。
「当時、オウムは長野県松本市に教団支部と食品工場の建設を進めていました。それが、住民の反対運動などで失敗した。その腹いせと、教団が密かに製造していたサリンの散布テストを兼ねて起こしたのが、松本サリン事件です」(全国紙社会部記者)

松本市の住宅街に散布されたサリンは、罪のない市民8人の命を奪い、約600人が重軽傷を負った。
「当時、一部週刊誌で犯人と断定的に報じられた地元の方がいました。松本の一件は、こうした冤罪被害も招いたんです。一方で、事件発生翌日から、警察関係や大手メディアに、"あれはオウムの仕業"とする怪文書も届いており、警察がオウム教団に対する本格調査に着手するきっかけとなったんです」(同記者)

ただ、オウムの犯行と決定づけたのは、自衛隊だったという。陸上自衛隊の池田整治・元陸将補が明かす。
「松本でサリン事件が起き、続けて、オウム教団の重要施設が密集する山梨県の上九一色村(現在の甲府市と富士河口湖町の一部)で、異臭騒ぎが発生しました。そこで、現場の土壌を陸上自衛隊の化学学校で分析したところ、同一のサリンであることが判明したんです」

陸自の化学学校とは、大宮駐屯地(埼玉)に所在する研究・教育機関で、NBC(核・生物・化学)兵器に対処するプロフェッショナルを育成している。
「人の指紋に個体差があるように、サリンにも生成過程で微妙な違いが発生するんです。それが一致したということは、オウムの犯行であると断じてよい。したがって、陸自では"松本サリン事件はオウムの仕業である"という情報を警察にあげたんです」

次ページ >> 自衛隊が対峙した「地下鉄サリン事件」知られざる秘話

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.