日刊大衆TOP 芸能

売れっ子剛力彩芽「女豹ダンス」騒動

[週刊大衆5月27日号]

ドラマにCMにイベントにと引っ張りだこで、テレビで見ない日がないほど、いま大活躍中の女優・剛力彩芽(20)。そんな彼女が、新たに歌手に挑戦する。
「デビュー曲『友達より大事な人』は7月発売予定で、現在、発売に向けて全国各地を回っています。剛力自身も"いつかはマドンナのようになりたい"と真剣ですよ」(スポーツ紙記者)

ところが、このデビュー曲をめぐって、ある騒動が勃発していたという。芸能プロ関係者が話す。
「曲の振付がエロすぎた。それで、事務所の上層部から一端"待った"がかかっていたそうです」

剛力といえば、明るく元気というイメージだが、歌手デビューにあたってはセクシー路線を選択。そこで、先生としてついたのが、"世界のセックスシンボル"レディー・ガガも担当する、NYの超一流振付師だったのだ。

レッスンの模様はNHKの特番で放送され、「剛力は終始、腰をクネクネさせ、四つん這いで、女豹のように男を誘うような踊りもあった」(前同)と過激で、周囲はこれまでのイメージとのギャップを気にしたようだ。

だが、「プリッとしたお尻……初めて彼女を女として意識しましたよ」(同
)と、なかには好意的な声も。

本誌ももちろん、セクシー路線を応援します!

ドラマにCMにイベントにと引っ張りだこで、テレビで見ない日がないほど、いま大活躍中の女優・剛力彩芽(20)。そんな彼女が、新たに歌手に挑戦する。
「デビュー曲『友達より大事な人』は7月発売予定で、現在、発売に向けて全国各地を回っています。剛力自身も"いつかはマドンナのようになりたい"と真剣ですよ」(スポーツ紙記者)

ところが、このデビュー曲をめぐって、ある騒動が勃発していたという。芸能プロ関係者が話す。
「曲の振付がエロすぎた。それで、事務所の上層部から一端"待った"がかかっていたそうです」

剛力といえば、明るく元気というイメージだが、歌手デビューにあたってはセクシー路線を選択。そこで、先生としてついたのが、"世界のセックスシンボル"レディー・ガガも担当する、NYの超一流振付師だったのだ。

レッスンの模様はNHKの特番で放送され、「剛力は終始、腰をクネクネさせ、四つん這いで、女豹のように男を誘うような踊りもあった」(前同)と過激で、周囲はこれまでのイメージとのギャップを気にしたようだ。

だが、「プリッとしたお尻……初めて彼女を女として意識しましたよ」(同
)と、なかには好意的な声も。

本誌ももちろん、セクシー路線を応援します!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.