日刊大衆TOP コラム

第47回  下着商戦前線に異常あり!?

1isii1

須田慎一郎が徹底予測!中高年のための「とっても大事なオカネの話」
下着商戦前線に異常あり!?


日本において、女性下着のマーケットがどの程度の規模に達しているのか、実をいうと、マーケティング(市場調査)のプロですら、その正確な数字を把握していないという。

なぜなら、下着、インナーを取り扱っているのは、何も専門メーカーや専門ショップだけではないからだ。

例えば、ユニクロ(ファーストリテイリング)も、大手インナーメーカーという側面を持っている。
そうした状況の中、ここへきて女性用インナーマーケットが、にわかに注目を集めつつあるという。

それというのも、今年のホワイトデー商戦期間中に、女性用インナーの販売額が急激に拡大したからだ。
売れているのは、よくありがちなエロティック系の下着ではない。どちらかというと、実用系の下着の販売額が急激に伸びたというのだ。
商品によっては、普段より3倍以上も販売数が増加したのだという。

その理由については、現在その詳細を分析中だが、おそらくホワイトデーのプレゼント用として売れたのだろう、という見方がインナー業界では強まっている。
つまり、男性から女性へのホワイトデーのプレゼントとして、インナーが選択された可能性が高いのだ。

もっともこれまでも、そうしたケースが全くなかったわけではない。

次ページ >> 第47回  下着商戦前線に異常あり!?

第47回  下着商戦前線に異常あり!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.