日刊大衆TOP 芸能

人気 女子アナ「春のボッキン下半身ニュース」一挙出し vol.1

[週刊大衆5月27日号]

「気候もいい初夏、この時季が女子アナたちが一年で一番輝くとき。新番組のスタートや異動があり、皆、一様に新鮮な気持ちで張り切っているんですよ」(女子アナウオッチャー)

ということで、仕事の充実感が美女アナたちのフェロモンにも大きな影響を与えているようで、テレビでは我々を"ボッキン状態"にさせてしまうエッチなハプニングが続発中。さらに、その私生活からは下半身のスケベな噂が聞こえてくるのだ。

4月からNHK『サタデー&サンデースポーツ』のメインキャスターを務めている杉浦友紀アナ(29)は、期待を上回るパフォーマンスで、早くも週末の夜をエッチに演出してくれていると評判だ。
「掟破りの超ミニスカで人気を爆発させた前任者の山岸舞彩(26)に負けてなるものかと、初回からミニスカートを着用しての登場で、視聴者を驚かせています。三十路を迎える杉浦アナのおみ足は、スラリとした美脚というよりも、ムッチリとほどよく脂がのった、なんとも生々しいフォルムで、男の劣情を大いに刺激します」(芸能記者)

もちろん、"NHK史上最大"との誉れ高い、FカップともGカップとも噂される超乳も存在感抜群だ。
「4月末に放送されたサッカー取材では、白いキャミソールにシャツを羽織ったラフなスタイルで登場。そんな姿でグラウンドでボールと戯れるのですから、杉浦アナの胸が揺れる、揺れる! ほかにも、巨乳丸わかりのウエットスーツ姿まで披露したりと、もうたまりません」(前同)

これまでボディをひた隠しにしてきた杉浦アナだが、「サービス満点の衣装は自分でチョイスしているようです」(NHK関係者)というから驚きなのだ。

「この嬉しい変節の背景には、山岸へのライバル心に加え、先輩・有働由美子アナら、お局を蹴落として、大晦日の紅白歌合戦の司会の座をゲットしようという下剋上の目論見があるとも伝わってきますね」(前同)

一方、前任の山岸は、日本テレビ夜の看板『NEWS ZERO』に電撃移籍。
「NHKよりもドレスコードのユルい民放では、スカートの丈がどれだけ短くなるのかと期待しましたが、番組のお披露目会見で"ミニスカ封印"を宣言。ファンを落胆させています」(テレビ誌記者)

実際、ミニスカで登場することはまだないのだが、「背が高いため、低いソファなどに座るとスカートが上に引っ張られ、美脚どころか"三角地帯"までが見えそうになるんです。先日、作家の渡辺淳一氏のインタビューがあったんですが、氏の向かいに座った際に、スカートが見事にずり上がり、完全なる"ミニスカ状態"になっていました」(芸能ライターの織田祐二氏)

もうすぐ80歳の渡辺氏から、「いくつになっても僕は男」といった、勇ましい発言の数々が飛び出したのは、山岸のお色気のせい!?

日テレ夜の顔が、この山岸なら、昼の顔として注目度が高まっているのが、水卜麻美アナだ(26)。
「最大の魅力は、オヤジ好みのムッチリボディ。先日、最新エクササイズに挑戦したときには、Tシャツ一枚になり、肉厚のボディラインを浮き上がらせてくれました」(前出・テレビ誌記者)

コラムニストの下関マグロ氏も、「ちょっと運動神経が悪くて、どこか動きがぎこちなかったりするところに、逆に"萌える"んですよォ」と、水卜アナにメロメロだ。
「ぎこちなさの延長線に、ついポロリを期待してしまいます。エッチも下手なんだけど、一生懸命にいろいろやってくれそうでいい(笑)」(前同)

平日の昼には、そのボディは刺激的過ぎるが、「彼女は実に食欲旺盛。グルメロケでは、普通、ひと口、ふた口で止めるところ、"全部食べちゃった~"と毎回、完食するんです。また、彼女は飯だけじゃなく酒も好き。散々、ビールを飲んだあと、シメのラーメンも欠かさないそうです。おかげでムチムチ感も"特盛り"状態。おっぱいも増量中で、あれはEカップは間違いなくありますね」(日テレ関係者)というから、たまらない。

そんな水卜アナに触発されたのだろうか、入社3年目の徳島えりかアナ(24)は、先日、司会を務める『行列のできる法律相談所』で、"ドスケベ"な本性をポロリと露呈させている。
「腹筋自慢のイケメンボクサーがスタジオに登場すると、ニヤニヤが止まらない。東野幸治に勧められて、6つに割れた腹筋を触らせてもらったんですが、2本指を筋肉の窪みに這わせ、まるで愛撫をするかのように、エッチに指を滑らせたんです」(前出・芸能記者)

その、あまりにハレンチな指遣いに、東野が、「どスケベアナウンサー!」と叫んだほど。

対して、フジテレビ一番の人気者"カトパン"こと加藤綾子アナ(28)は、欲求不満からか、最近、"ドSスイッチ"が入りやすくなっている様子だ。
4月に放送された『ホンマでっか!?TV』の鎌倉ロケ企画で、いうことを聞かない"ホンマでっ会"の先生方に、眉間にシワを寄せ、「ちょっと(いい加減にしてください)!!」と、2度もいい放ったのだ。
「その険しい表情に、さんまさんも"加藤、ちょっと(言い方が)キツい"と、たしなめたほどでした。3月に放送された『みんなの声3』では、"彼氏はいません。口説いてほしい"と明かしていましたから、欲求不満が溜まっているのかもしれませんね」(制作会社関係者)

5月25日公開のvol.2に続く・・・。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.