日刊大衆TOP コラム

コーヒーでかぜ薬を飲んじゃいけない理由

[週刊大衆04月06日号]

年をとると薬の世話になることも多くなりますが、薬はただ飲めばいいというものではありません。飲み方には注意が必要です。
たとえば、錠剤をかみ砕いたり、カプセルを分解して飲むのは禁物。薬の形状には理由があり、溶ける時間や場所が計算されているからです。
薬を水や白湯(さゆ)以外で飲むのもよくありません。飲み物が薬の成分を変質させ、効果がなくなったり副作用が出るケースもあります。

飲み合わせが悪いのは降圧剤とグレープフルーツジュース、かぜ薬とコーヒー、胃薬と炭酸飲料、抗生物質と牛乳……。でも、こんな組み合わせを覚えるより、水で飲むほうが簡単です。
食べ物が薬の作用を抑制することもあります。心筋梗塞などの治療に使われる血栓予防薬「ワーファリン」を飲んでいる人には、食べないほうがいい食品があるそうです。一般にヘルシーとされているその食品は?

(1)豆腐
(2)納豆
(3)生野菜


答えはココを押す! 答え :(2)


出題:浜川卓也

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.