日刊大衆TOP 芸能

米倉涼子(39 )& 会社経営者(37 ) 男に跨り激しくリード! 一度イッても止まらない

[増刊大衆03月27日号]

芸能界新婚カップル12組 「マル秘初夜SEX」ナマ中継!!

芸能カップルのゴールインが続いている。アツアツの新婚生活の本当のスタートは、入籍の瞬間でも、結婚式の宴の後でもない。夫婦の契りは、初夜のやんごとなき結合をもって成立するのだ! くんずほぐれつ、めくるめくミッドナイト劇場を妄想中継ッ!!

電撃結婚とは、このことである。ずっと、「結婚のメリットがわからない」と言っていた米倉涼子(39)が、昨年12月26日に、なんと2歳年下の会社経営の男性と結婚したのだ。

「米倉は昨年8月に、トーク番組『ボクらの時代』(フジテレビ系)に出演し、"私、ラブシーンやらないんです。なんで、この人とベタベタしなくてはいけないの(と思う)"と話していましたが、いま考えると、この発言は、大好きな彼に操を立ててのことだったようにも聞こえてきます。彼女のスーパーボディを独り占めできるなんて、よっぽどイイ男なんでしょうね」(芸能記者)

だが、その一方で、こんな話も伝わってくるのだ。
「超人気シリーズとなった『ドクターX』(テレビ朝日系)の打ち上げで、高視聴率に気分をよくした米倉が珍しく泥酔し、共演俳優の遠藤憲一にディープキスをしまくっていたという目撃情報がありますね」(ドラマ関係者)

いったい、米倉は貞淑か淫乱か?
2万人の鑑定実績を誇る占い師の小野十傳氏は、彼女の顔相から、寝室の様子をこう読み解いてくれた。
「彼女は、美しい顔をしていますが、よく見ると左右の目の位置や大きさにズレがある"雌雄眼"の持ち主。こういう人は、夫を陰から支える奥さんよりも、自分が主導権を握ってビジネスを展開していく事業家に向いており、男女関係においてもリードしないと気が済まないんです。ヒステリーを起こせば、ご主人を殴り出すような激しさもあり、とにかくペースに合わせるのが大変なのが、このタイプです。一般人のご主人で、いつまで身が持つのか心配ですね」

ただ、そうした激しさ、厳しさが出てくるのは、あくまで昼間の顔。夜の顔はというと……、
「実は、これといった特別な性癖もなく、行為は至ってオーソドックス。とはいえ、リーダーシップは取りたいですから、自然と女性が上の体位が多くなるはずです。特に、白目部分の多い眼から、一度火がつくとイッても止まらず、激しく求め続けてしまう。そんなエッチになるはずです」(前同)

「結婚のメリットがわからない」と言っていた米倉に、結婚を決意させた運命の男との、人生に一度の新婚初夜。さぞや、激しく求め続けたに違いない。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.