日刊大衆TOP 社会

ガソリンスタンドの店員が約10億円もの遺産を残す!

ガソリンスタンドの店員というと、体力勝負の仕事である。そんな過酷な仕事をずっと続けて92歳で亡くなった男性が残した遺産が、時価にしてなんと9億7千万円もの株券だった!

高収入とはいえない彼が多額の株券を遺産に残せたワケは、トンデモなくケチなおじいさんだったからのようだ。服はいつもボロボロ、駐車場代を浮かすために遠くに車を止めて歩くなど、その倹約ぶりは徹底していた。

そして、購入した株は証券会社に預けずに自分の家で保管していたらしい。そうすることにより、証券会社に払う手数料を払うことを回避できる。まさに、コツコツ型の貯蓄方法だったようだ。

しっかりと蓄えていた努力には感心するが、こんなに遺産を残すと、遺族による醜い遺産相続争いが目に浮かんでくる。と思いきや、どうやら遺産は地元の図書館などに寄付された模様だ。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.