日刊大衆TOP コラム

異種格闘技戦「BiSキャノンボール」を観た。


「劇場版 テレクラキャノンボール2013」のあとに公開された「劇場版プロレスキャノンボール2014」のことを先月に書いた(http://taishu.jp/14522.php)。多くの人に読んで頂いたようだ。

せっかくなので「BiSキャノンボール」にも行ってきました。

「BiSキャノンボール」は次のような映画。

《2014年7月に解散した個性派グループ「BiS」に、AV監督として知られるカンパニー松尾が密着してカメラを回したドキュメンタリー。(略)「テレクラキャノンボール」同様にAV監督たちがBiSメンバーひとりひとりに密着。横浜アリーナで行われた解散ライブ「BiSなりの武道館」の前日から翌日まで3日間のメンバーたちの様子を捉えた。》(映画.comより )

つまり「アイドル対AV監督」!

作品の性質上、何がどうなったかは詳しく書けないが、ひとことで言うと「AV監督たちはアイドルを口説けて最後までいけんのか?」という「レース」なのである。

私が観た日は上映終了後に、カンパニー松尾監督と 本広克行監督(「幕が上がる」ももクロ主演)のトークショーがあった。さらに、客席にいた「ドキュメンタリーAKB48」の高橋栄樹監督も参加。

奇しくもアイドル映画を撮った3人の監督が揃い踏み。

本広監督は開口一番「こんなの勝てるわけない(笑)」。高橋監督は「ボクもやりたかった」。これに対し松尾監督は「いや、いや、こちらと比べられても」と返す。

3人のトークで一致していたのが「この企画にOKを出すマネージャーがすごい」だった。

次ページ >> 異種格闘技戦「BiSキャノンボール」を観た。

異種格闘技戦「BiSキャノンボール」を観た。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.