日刊大衆TOP 社会トレンド

スゴ腕・万引きGメンが見た「現代ニッポン」の貧困現実

[週刊大衆04月20日号]

老人や子連れの母親、オタク少年たち。決して悪人には見えない彼ら彼女らが突如、獲物を狙うケモノに豹変する!

「万引きをする瞬間、人間は顔が豹変します。人の良さそうなおじいちゃんや思わず見とれてしまうような美人が突然、腹を空かせて獲物を狙う獣のような鋭い目に変わる。今でもそれを目にすると、見たくないものを見たような、嫌な気持ちになりますね」
こう語るのは、通称「万引きGメン」と呼ばれる私服警備員を務める伊東ゆう氏。伊東氏は驚異的な捕捉件数を誇る「スゴ腕Gメン」として知られる。

「おもしろいもので、悪いことをしようとしている人間は挙動が不自然になります。楽しい買い物のはずが、怖い顔で全身から妙な邪気を放って入店する。売り場でもキョロキョロと目線をあちこちに飛ばしたり、おかしな動作、たとえば盛んに後ろを振り返ったりします。"店内ではぐれた奥さんを探す夫"と似ている動きです。実際、新米Gメンだと、こうした人の動きに惑わされますね」

万引きをする者は、雰囲気や服装にいくつか特徴があるという。
「見た目で言えば、だらしない感じ。大きめのダウンジャケットやコートなど、だらっとした服を着て、その中に商品を隠す。男性の場合、服の中に魚釣り用のポケットがたくさん付いたベストなんかを着込み、そこに入れることもあります。一番はバッグです。肩にかけて、スッと物を入れられるトートバッグやエコバッグは要注意です。女性の万引き犯はほぼ確実にバッグに物を入れます。不思議と男性は、自分の身に付けて盗むことが多いですね」

犯人が盗む物にも、不思議な共通点があるという。
「皆さんは"お金がないから万引きする"と思うでしょう? 生活困窮者による犯行が多い地域は確かにあります。ただ、それ以上に"ゆがんだ節約意識"による犯行も多いんです。特に都市部では、買うお金はあるのに、商品を盗むケースが非常に多い。そうした万引き犯は、普段買うには少し高いもの、中トロの刺身、黒毛和牛、高級いちごなんかをサッとバッグに入れます。これは"万引きあるある"ですが、常習者は不思議なことに同じ商品を必ず複数個盗みます。人が何か物を盗ろうとする瞬間、小動物を狩る猛禽類のように手をガバッと開いて商品をいくつか掴む。"リスクを冒すならば、一つでも多く取ってやろう"という、浅ましさを感じる瞬間です」

次ページ >> スゴ腕・万引きGメンが見た「現代ニッポン」の貧困現実

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.