日刊大衆TOP コラム

「陰毛」は何のためにある?

[週刊大衆04月20日号]

思春期になると、男も女も股間に毛が生えてきます。男は陰茎の増大から1年後、女は乳房が発達し始める時期の発毛が一般的です。
人は進化の過程でほとんどの体毛を退化させてきたのに、なぜかこの部分は残されました。いったい、陰毛は何のためにあるのでしょうか。

実は、理由は未解明。よく言われるのは生殖器の保護説。ホコリや寄生虫が性器に入るのを防ぎ、摩擦などの刺激を和らげるためというものですが、ほかにもさまざまな説があります。異性へのセックスアピール。肉体が性交可能な状態まで成長したサイン。性器周辺で分泌されるフェロモンの拡散を防ぎ、保存するため……。
どれが正解なのかは、よくわかっていません。

普通、陰毛は髪の毛のように長く伸びたりはしません。平均的な長さは男4~5センチ、女3〜4センチといわれています。しかし、ときには、ビックリするような長さになることもあるようです。

次のうち、陰毛が膝に届くほど長かったという伝説があるのは?

(1)クレオパトラ
(2)楊貴妃
(3)小野小町


答えはココを押す! 答え :(2)


出題:浜川卓也

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.