日刊大衆TOP コラム

「まばたき」の回数のウラには……?

[週刊大衆04月20日号]

涙は感情がたかぶったときだけに流れるわけではありません。平常時にも少しずつ分泌されています。

涙の原料は血液。そこから血球を除き、液体成分を取り出したもので、目に栄養と潤いを与え、紫外線や雑菌から保護する働きをします。分泌された涙は、まばたきによって眼球全体に広げられます。

まばたきの回数は、成人の平均で1分間に20回です。1回のまばたき速度は0.3秒ほど。ほとんど無意識のうちに行われていますが、まばたき時間を合計すると意外と多く、起きている時間の約1割は目を閉じている計算になります。
眼球を潤すだけなら、1分間に3回程度のまばたきで十分なのに、なぜ20回もするのか。ハッキリした理由はわかっていません。

まばたきの回数は、心理状態によっても変わってきます。次の(1)~(3)のような状況にあるとき、まばたきは増える? それとも減る?

(1)ウソをついている
(2)考えをまとめている
(3)好みの異性が目の前にいる


答えはココを押す! 答え :(1)と(3)は増え、(2)は減るといわれている。


出題:浜川卓也

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.