日刊大衆TOP 芸能

17年ぶりのドラマ主演でも…広末涼子に囁かれる「懸念」

[週刊大衆6月17日号]

「ノリにノってますよ。肌感はアイドル時代そのままに、より艶美な大人の女性へと変貌を遂げましたね」と芸能プロ関係者が語るのは女優・広末涼子(32)。
今年も、主演映画や特番ドラマが好評で引っぱりだこ。この7月からは『スターマン~この星の恋~(仮題)』(フジテレビ系)で主演することが決まった。
「96年の『木曜の怪談』以来、実に17年ぶりの連ドラ主演です。その間、彼女自身にも、いろいろありましたからね」(前同)

03年にモデルの岡沢高宏と結婚するも、08年に離婚。10年にはキャンドル・ジュン(39)と再婚する。
「全身にタトゥーを入れ、キャンドルアーティストという一般に馴染みのない職業のジュンさん。謎めいた過去も含め、マスコミがこぞって報じました」(前同)

そんな喧騒をものともせず、広末は女優として邁進。09年のアカデミー賞で外国語映画賞を受賞した『おくりびと』では、堂々たる"艶技"を見せた。
「主演の本木雅弘に胸を揉みしだかれ、下着をはぎ取られたシーンで浮かべた、困惑しながらも恍惚な表情と小さく喘ぐ声……。彼女の夜の営みが想像できるほどでしたよ」(芸能記者)

激しい濡れ場も厭わない一線級の女優に成長した彼女が、冒頭のドラマで演じるのは3人の息子を育てるシングルマザー。「かなりの意気込みを見せている」(女性誌記者)というが、「現在、彼女は母親と同居中で、仕事の間、子供の面倒を見てもらっている。一方、夫のジュンさんは家に帰っておらず、離婚危機説も出ています」(前同)

ドラマの役柄が現実にならなければいいが……。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.