日刊大衆TOP 芸能

新CM女王・広瀬すず16歳の素顔

[週刊大衆04月20日号]

今やテレビで見ない日はない、と言っても過言ではない、黒髪ボブカットの16歳。新CM女王との呼び声高い広瀬すずをご存じか? テレビ雑誌記者は言う。
「注目されたのは、リクルート『ゼクシィ』のCM。プロポーズされ、大きな瞳を潤ませて、ハニカミながらカメラ目線で"はい"とコックリするんです。直後、流れ落ちたひと筋の涙も美しく"あの子は誰?"と話題になったんです」

その後は、JR東日本やソフトバンク、ロッテ、資生堂など"大手企業の顔"として引っ張りだこに。さらに、今年1月には『学校のカイダン』(日本テレビ系)で、連ドラ初主演を務め、健闘を讃えられた。
そんな彼女の芸能界デビューのキッカケとは? 前出の記者が解説する。
「ファッション誌『セブンティーン』専属モデルの姉・広瀬アリスが所属する芸能事務所社長に、家族で会ったことがキッカケです。その後、2012年から姉と同様、同誌の専属モデルを務め、同年末にはベネッセコーポレーション『進研ゼミ高校講座』のCMに早くも起用されています」

その後も順風満帆な彼女だが、最近、ある騒動に巻き込まれているという。夕刊紙芸能デスクが言う。
「出演中のCM『明星一平ちゃん夜店の焼きそば』での広瀬の発言が"下品"だとメーカーに視聴者から苦情が殺到。発言が抹消される憂き目にあったんです」
なんともはや。それは、どういう内容なのか? 前出のデスクが続ける。

「マヨネーズの小袋を持った広瀬が"かけさせて、マヨビーム"と言うや、"ブッチュ~"とキス顔で叫びながら、焼きそばに"LOVE"と描く、青春ドラマのようなCMです。最後に博多弁で"全部出たと?"と聞くんですが、その発言がヒワイな行為を連想させると問題に。確かに、彼女がかけたのに、"全部出たと?"は、ちょっとヘンかもしれませんが……」
苦情を受け、セリフは"好きな人おると?"に、差し替えられることに。注目される人気者ゆえの騒動と言えるだろう。

そんな彼女の気になる私生活だが、ロッテ『Fit‘s』のCM発表会で、「恋愛には興味ありません。今はニラ愛がすごい。週4は食べている」と微笑ましい等身大の素顔を見せた広瀬。
6月には、綾瀬はるか、長澤まさみと姉妹を演じる映画『海街diary』の公開が控えている。今後の成長が楽しみだ!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.