日刊大衆TOP 社会

「トイレ貸して」現役教師がナンパでマンション侵入

今や教育関係者の不祥事は珍しくもなんともないが、3月22日に逮捕された中学校教師が起こした事件には少々驚かされる。

大阪府警北堺署が逮捕したのは、堺市の中学校教諭(26歳)。

この男は3月22日午前2時5分頃、堺市北区のマンション前で、帰宅してきた20代の無職女性に「こんばんは」と声をかけ、女性の後ろをつけてマンション内に侵入。さらに女性が住む部屋のインターフォンを押し、「トイレを貸してほしい」とお願いしたというのだ。

もちろん女性は男のお願いを断り、警察に通報。警察官が現場に駆けつけたところ、マンション2階でうろついている男を発見し、建造物侵入の容疑で逮捕するに至った。

男は「女性をナンパするため、マンションに入った」と容疑を認めているという。

午前2時という深夜に面識のない女性に声をかけ、しかも部屋を訪ねるという行為は、誰がどう見ても悪質なストーカー行為。それを「これはナンパである」と言い切るのは、いくらなんでも面の皮が厚すぎるだろう。

ちなみに1週間前にも、堺市北区のマンションで別の女性が「トイレを貸して」と声をかけられる事件が発生している。北堺署ではその関連についても捜査を進めているという。

もし仮に「トイレを貸して」という無茶なお願いが聞き入れられたら、この男はいったいどうするつもりだったのだろうか……?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.