日刊大衆TOP 社会

モテる! ヤレる! おっぱいタッチ術教えます

[ヴィーナス03月04日号]

モテる! ヤレる! おっぱいタッチ術教えます

触りたいけど触っちゃダメ……じゃない!?停滞した関係をブチ破る、ワイルドすぎる禁じ手!勝ち組だけが知る裏技を公開!

狙っている女性はいるが、友達止まり、合コンに参加しても思うように女性と親しくなれない……そんなヤキモキした状況を一気に打開する禁じ手があるという。
「イチかバチかの裏技で、しくじったら最後。通報される危険もあるけど」
こう声を潜めて語るのは、560人斬りの記録を誇るナンパ師で会社員の北山氏(42=仮名=以下同)。

「声をかけた後、飲んだりするでしょ。そのとき、会話中にさりげなく、おっぱいを触る。すると、女の子のガードが解けて、急に親密になれちゃうんだよ~」
いやいや、おっぱいはヤバいでしょ! だがこの裏技、あながち間違ってはいないらしい。
『シャンパンタワー交渉術』を著書に持つ、新宿・歌舞伎町の有名ホストクラブ『ロマンス』の代表取締役・信長氏はこう語る。
「僕たちホストは、お客様につける"持ち時間"が10分程度。その短い間に、いかにして印象づけるかが勝負なんです。そんな場面で重要なのが、ボディタッチ。嫌われるリスクもありますが、短時間で一気に"男"として意識させることが可能になります」(前同)

ボディタッチのなかでも最上級の "おっぱいタッチ"は、成功すれば相手との距離が瞬時に縮まり、性的な関係に昇格できる"一発逆転"のテクのようだ。
そこで本誌も取材に乗り出した。巷の女性に〈おっぱいを触られて口説かれたことはあるか?〉という不気味な質問をしたところ、56人中「ある」と答えたのは4人だけ。そもそも、いきなりおっぱいを触る男性など滅多にいないのだが、その4人は全員、その後、即、陥落していたのだ。

「興味はないけど、ご飯を奢ってくれるならいいかなぁって感じで、何度か食事につきあっていた30代の知人男性がいたんです」
と打ち明けるのは小柄ながらEカップの爆乳が眩しい看護師の沙織さん(24)。胸を揉まれた日は、2人で居酒屋に飲みに行った。

「テーブル席が空いてなくて、カウンターでした。彼は仕事がうまくいっているみたいで、意気揚々と身を乗り出して喋ってくるから、ときどき、彼の膝が私の膝に当たっていたんです」
普段なら少しでも体に触れられると、さりげなく体をよけていた彼女だが、明るい表情で楽しく話す彼に何も言えなかった。
「そのうち、彼が"あのさぁ"と話しかけながら、私の二の腕をポンポンと触ったりしてきたけど、イヤラしさは感じなかったです」

自然なボディタッチで、親密感も増したのだろう。やがて、会話は下ネタに。
「彼の失敗談が面白かったんです。高校時代の初デートで、そういうことになるかもと期待した彼は、出かける前からコンドームを装着していってオシッコができなくて困った、とか」

次ページ >> モテる! ヤレる! おっぱいタッチ術教えます

モテる! ヤレる! おっぱいタッチ術教えます

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.