日刊大衆TOP 芸能

年下相手に熟練の舌技! 黒谷友香「大人のSEX」覗き見

[週刊大衆04月27日号]

4月22日から、ドコモの動画配信サービス『dTV』で、エロチックな連ドラが配信されるという。

石田衣良(いら)の恋愛小説『眠れぬ真珠』が原作のドラマで、ヒロインを務めるのは
女優・黒谷友香(くろたにともか)(39)。
15歳年下の中村蒼(24)を相手に、濃厚なベッドシーンに挑んでいるという。テレビ誌記者が語る。
「原作者の石田が、"大人の女性の色気とかわいさ、ベッドシーンでは若い女性には表せない余裕と恥じらい。黒谷さんは体当たりで見事に演じてくれました"と大絶賛。これは期待できますよ」

確かに、彼女はこれまでも激しい濡れ場を演じてきた。映画関係者は言う。
「黒谷といえば、06年に初主演した映画『TANNKA 短歌』でしょう。ほぼ全編、濡れ場といっても過言ではない伝説の映画で、おわん型の美乳と、妖しく色づく乳首、スレンダーボディを惜しげもなくさらしています」

どの辺が"伝説の映画"だったのか? 前出の関係者が続ける。
「黄川田将也と村上弘明、2人のイケメン相手に、全編くんずほぐれつのセックスシーン。黄川田に濃い紅色の乳首を伸びるほど吸われたかと思いきや、村上相手にソファの上で密着座位、フェラチオやオナニー、ラストでは、ストリップまで披露する大サービス。少し野太いアエぎ声がまた色っぽいんです」

なかでも評判だったのは、5歳年下の黄川田の口中をなめまわすかのような濃厚ディープキスだった。
「あの舌の動きは、男の性感を心得た"大人の女性"ならではのものでしょう」

そんな舌ワザが今回のドラマでも拝めるという。冒頭のテレビ誌記者は言う。
「原作の『眠れぬ真珠』では17歳年下の男性に激しい口づけをしたあと、服を互いに脱がせ合い、全裸になってフェラをするシーンがあるんです。そのフェラ描写が絶妙で、亀頭を舌先でもてあそんでから、一気に付け根までくわえ込んで、舌でなめまわす。黒谷なら、その"熟練の舌技"を映像で体現できるのでは?」

また、原作にある次のシーンも期待度大だ。
「アソコを愛撫されて悲鳴を上げる場面や、ソファで全裸になって、正常位や騎乗位、後背位など、体位を変えながらセックスし続けるという場面もあります」

もうすぐ四十路を迎える黒谷が、どんな"大人のセックス"を披露してくれるのか、今から楽しみだ!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.