日刊大衆TOP トレンド

IPO新規公開株で「ガッツリ儲けろ!」男のマネー術

[ヴィーナス04月04日号]

寂しい懐事情を一気に大逆転させる!?まさにブーム再燃中の"お宝"をGETする方法を手取り足取り伝授します!

「新規公開株の第2次ブームが到来しています。このチャンスを逃す手はありませんよ」(市場関係者)

アベノミクスの恩恵を受けるのは一部の大企業や富裕層ばかり。物価の上昇と下がり続ける給料で、庶民の暮らしは、お先真っ暗。そんな時代だからこそ、少ない資産をガッツリ増やす"男のマネー術"を実践すべし! そこで本誌がお薦めするのが、簡単でお手軽なのに、億万長者も夢ではない(!?)、新規公開株そう、――IPOだ。
「IPOとは、企業が新たに証券市場に上場した株のこと。上場によって企業は資金を不特定多数から調達でき、投資家は、その株を自由に売買できるようになります」(前同)
IPOは、証券市場が活況の時期に増加しやすい。2003年からの第1次IPOブーム最中の04年には、175もの会社が新規公開した。
「06年のライブドア事件以降は新規公開をする企業数は急減したが、アベノミクスの活況を受け、13年には54社、14年が77社となっています」(同)

最近、最も株価が跳ね上がった銘柄の一つが、13年6月に上場した、iPS細胞の研究や創薬支援を手掛けるリプロセル。「公募価格」の32万円に対し、「初値」は5.5倍の178万円。価格がどれだけ変化したかを表す「騰落率」は、456.3%にもなった。

リプロセルの抽選に当選したファイナンシャルプランナーの藤原久敏氏が語る。
「IPOの応募自体は無料ですから、投資家からの応募が殺到しますが、数倍から300倍の倍率の抽選に当たれば、かなりの確率で利益を得られます。それだけに、IPOは"無料の宝くじ"と呼ばれるほどです」

購入希望者は証券会社に応募し、抽選により購入権利を得た人が購入できる。
「公募価格」は、会社の業績や資産内容などから決定されるが、低めに算出されやすい。
また、上場後に初めてつく株価「初値」は、売りの注文数が買いの注文数を初めて上回った価格で決まる「全数一致制」を採っているために、売り手優位に。このため、初値は公募価格を上回る"お得"なケースが多いのだ。

では、どうすれば、この"無料の宝くじ"をゲットできるのか。ここで買い方を徹底指南しよう。

次ページ >> IPO新規公開株で「ガッツリ儲けろ!」男のマネー術

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.