日刊大衆TOP 娯楽

【井崎脩五郎】青でしたで青鹿毛快走の怪

[週刊大衆05月04日号]

競馬新理論 井崎脩五郎
青でしたで青鹿毛快走の怪


「カーバ」って何だろう?
最終レースの出馬表を見ながら、ふと、そんなことを考えた。3月15日(日)、中京最終レースの中京スポーツ杯に、カーバという馬が出ていたのだ。
ためしに広辞苑にあたってみたら、なんと、これが出ていた。

〈カーバ=メッカにある石造の聖殿。「神の館」と呼ばれ、唯一神の存在を象徴。聖殿とそれを囲むハラムモスクはイスラム第1の聖地。イスラム教徒は礼拝の際にカーバの方角を向き、メッカ巡礼ではその周りを7周する〉

ああ、そういえば、大相撲の大砂嵐関が、イスラム教徒として礼拝をするとき、聖地の方角を指し示すコンパスをテレビで見せていたなあ。あの指し示す方角にカーバがあるのかとわかった。
カーバは青鹿毛の牡馬。この中京スポーツ杯では、8~12番に入った馬の頭文字が「青でした」になっており、

8番 (ア)ルテ
9番 (オ)コレマルーナ
10番 (デ)ルカイザー
11番 (シ)ルクキングリー
12番 (タ)ツストロング

"青"鹿毛のカーバはくさいなあ
と思っていたら、前3走13、12、9着でまるっきり人気のなかったこのカーバが、番手から抜け出して勝ってしまった。単勝4940円、複勝1120円。ホント、世は不思議だよ。


■井崎脩五郎 プロフィール
1947年生まれ。東京都出身。競馬評論家・コラムニスト。独特のレース予想と明るいキャラクターで人気を博し、数々のテレビ番組に出演。多数のコラム連載も持つ。

【井崎脩五郎】青でしたで青鹿毛快走の怪

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.