日刊大衆TOP 芸能

2020年東京五輪「長嶋と王」で野球当確!

[週刊大衆05月04日号]

屈辱のメダルなしで終わった北京から1年。星野ジャパンの忘れ物を取り戻すチャンスがここ日本で訪れる! その確たる証拠とは?

ミスターこと長嶋茂雄が「ほーらよ」と言って投げたボールは、王貞治のグローブに……。
ON砲から始まったキャッチボールの球は、松井秀喜、そして現役プロ野球選手、佐藤浩市ら芸能人へと渡り、最後は阪神の藤浪晋太郎から元メジャーリーガーの野茂英雄、そして"二刀流"の日本ハム・大谷翔平の手へ――。

総勢30名を越えるスターが登場するテレビCMが、話題になっている。
この豪華なCM、いったい、何の宣伝かと思っていると、最後に「野球・ソフトボールを東京オリンピックの正式種目に!」との文字が浮かび上がる。
野球とソフトボールは、2012年のロンドン五輪で正式種目から外れたが、5年後の東京五輪で野球とソフトボールをセットで復活させようとのCMだ。
キャンペーンの主体は、NPB(日本野球機構)、BFJ(全日本野球協会)、JSA(日本ソフトボール協会)の3団体。

「日本でやるオリンピックですからね。私個人として、野球は"国技"だと思ってますし、ぜひ選ばれてほしいですね」
こう野球復活への熱い思いを口にするのは、このCMに出演中の王貞治氏(ソフトバンク会長)。
今や、CMに参加した著名人だけでなく、野球ファンの思いはただ一つ、正式種目への復活だろう。

野球ファンとして知られる、落語家の三遊亭小遊三師匠も熱弁を振るう。
「僕らの少年時代、野球はナンバーワンのスポーツ。つまり、天下を取っていたわけでしょう。まあ、その頃に比べると野球人口が減ってはいますが、まだまだ、これから。野球が"第二の人生"を有意義に送るためにも、東京五輪で正式種目になって、メダルを獲ってもらわなくっちゃね」
思えば、楽天前監督の星野仙一氏率いる"星野ジャパン"が、08年の北京五輪で金メダルを目指したが、まさかのメダルなし。

"野球大国ニッポン"が、雪辱を果たす絶好の機会が自国開催のオリンピックで訪れるならば、野球ファンにとって、この上ない喜びだろう。そもそも、
「"野球復活"の芽が生まれたのは、国際オリンピック委員会(IOC)が、昨年12月にモナコで開いた臨時総会で、改革案を決議したことです。改革の一つとして、東京五輪から、開催都市に新競技を追加提案する権利が認められたんです」(NPB関係者)
具体的には、東京五輪大会組織委員会(会長・森喜朗元首相)が、今年9月に追加競技を選定し、IOCへ報告。それを元に、IOCが来年8月のリオデジャネイロ五輪前に開く総会で正式に決定するという。

あるスポーツライターは「野球とソフトボールの復活は、ほぼ決まったようなものですよ」と断言する。
その理由について、ある球界関係者はこう語る。
「2年前にブエノスアイレスで開かれたIOCの総会で、野球とソフトはレスリングに敗れ、正式競技として復活する道を絶たれてしまった。だが、野球熱の高い北米や中南米諸国が、IOCへロビー活動を盛んに行っていたようです。その証拠に、北米・中南米のIOC委員からの"東京五輪の開催国である日本が働きかければ、野球復活の可能性はある"という発言が相次いだ直後、IOCのトーマス・バッハ新会長が、追加競技を認める発言をし始めたんです」

つまり、開催国枠の追加競技は、そもそも野球とソフトボールありきのものだったと言うのだ。これを裏づける森会長の発言もある。
森会長は「(開催都市である)東京が希望する種目を(追加競技として)考えていい」と発言。この背景には、開催都市・東京都の都議会が野球・ソフトボールと空手の実施を求める決議を、全会一致で可決していることがあるという。
「追加競技は、一つとは限っていません。組織委は開催都市の意向を汲み、この3競技を軸にIOCへ提案することになるでしょう」(東京都議会関係者)

次ページ >> 2020年東京五輪「長嶋と王」で野球当確!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.