日刊大衆TOP コラム

ナポレオンは「痔」のせいで失脚した!?

[週刊大衆05月04日号]

一時は破竹の勢いで進撃し、ヨーロッパの大半を支配したナポレオンも後半は失速。負け戦が多くなります。一説によると、彼は痔の痛みによる睡眠不足と、痛み止めのアヘンのせいで往時のひらめきがなくなり、まともな指揮ができなくなっていたんだとか。

痔の原因は食生活の乱れ。ナポレオンの食事は肉料理が中心で、バターやクリームを多用する高脂肪食。食物繊維は、ほとんど摂らなかったそうです。おまけに早食い。腹が減ると、時間や場所に関係なく食べました。そんな食生活が痔を引き起こしたと考えられています。

一方で、歴史的有名人の中には肉食を嫌った菜食主義者もいます。
血の滴るような肉を食べていたようなイメージがあるのに、実は厳格なベジタリアンで、「ゾウは地上最強の動物だ。そしてゾウは決して肉を食べない」という言葉を残した人物は?

(1)ヒトラー
(2)アル・カポネ
(3)ヘミングウェイ


答えはココを押す! 答え :(1)


出題:浜川卓也

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.