日刊大衆TOP 娯楽

【武豊】巡り合わせでGⅠで乗れなかった名牝

[週刊大衆05月04日号]

人生に役立つ勝負師の作法 武豊
巡り合わせでGⅠで乗れなかった名牝


競馬は縁と巡り合わせの連続です。
東と西――昔と違って、関西の騎手が関東の馬に乗る機会も数多くあるし、その逆もありますが、今でも、入厩する厩舎が美浦か栗東かで大きく変わってきます。

普段からおつきあいのある厩舎かどうかも縁のひとつ。夏は小倉を主戦場にしている僕が、札幌や新潟で行われる重賞レースで騎乗依頼をいただき、たまたま巡りあった一頭の新馬とその後、長くコンビを組むようになったことも一度や二度ではありません。

GⅠレースと違って、毎週末、東西でひとつずつ行われる重賞レースでは、できれば、両方に乗りたいというケースがあります。
でも、身体はひとつだけ。先に約束をしていたから。将来性を見据えて。乗りたいという気持ちを抑えきれずに……理由は様々ですが、どちらかを選ばなければいけなくなったときは、巡り合わせを恨みたくなります。

そして、もうひとつ。同じ年に、同じくらいの力を持った馬と縁あって、巡りあったときは、もどかしさに、どうにもならないほど悩み抜くことになります。

父トニービン。母シヤダイフライト。1990年、北海道・大北牧場で生まれたノースフライトも、僕を大いに悩ませた一頭でした。
縁あって僕が彼女とコンビを組んだのはデビュー2戦目。雨の小倉で行われた500万下「足立山特別」でした。
西園正都騎手が手綱を取ったデビュー戦を9馬身差で快勝。内心、「いい馬がまわってきた」とは思っていましたが、このときは3か月の休養明けですから、勝ち方よりも勝つことに重点を置いていました。ところが、レースでは僕は乗っていただけ。2着に8馬身差を付けての圧勝で、その強さは乗っていた僕が呆れるほどでした。

次ページ >> 【武豊】巡り合わせでGⅠで乗れなかった名牝

【武豊】巡り合わせでGⅠで乗れなかった名牝

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.