日刊大衆TOP 芸能

石田ゆり子(45)『医師たちの恋愛事情』(フジテレビ系)に出演 周囲の目もお構いなし年下俳優に猛アピール

[増刊大衆04月28日号]

美女たちのリアルな性生活をあぶり出す! 春ドラマ出演女優11人 演技じゃない!「アブナイ下半身」秘事情

花も満開で、美女も満開。春ドラマで躍動する美女優たちの気になる下半身事情を、本誌芸能取材班が徹底レポート!

最新映画『悼む人(いたむひと)』で、18歳年下の俳優・高良健吾(27)を相手に濃厚な濡れ場を披露。「ラブシーンはパッションです」と言い放ち、喝采を浴びた石田。彼女に近いスタッフによると、この映画を境に石田の男性観が激変したという。

結婚しない女優と言われて久しい彼女だが、過去に俳優の石黒賢(49)や岡本健一(45)など、交際相手として挙がった相手は、すべて同世代か年上だった。
「それがこの映画の撮影中に、演技に対してストイックでがむしゃらな高良さんに、心を奪われてしまったらしい」(前出のスタッフ)

だが、高良にはモデルの野崎萌香(25)というお似合いの恋人がいて、つけ入る隙など微塵もなく……。
「それでも年下への興味は失せておらず、いまは共演中の斎藤工さん(33)が気になってしょうがないみたいです」(前同)

斎藤も石田について「清らかで知性に溢れた聡明な方」と語っており、初共演とは思えないほど息の合った演技を見せつけているとか。これをおもしろく思っていないのが、斎藤と同世代の共演者・相武紗季(29)だ。
「"LINEのID交換までしちゃって、いい年してナンなの!"と、周囲をビビらせているとか」(芸能記者)

まさか、相武も斎藤狙いだったりして!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.