日刊大衆TOP トレンド

デバカメ用目薬開発? 暗闇50m先が見えた!

アメリカ・カリフォルニア州の科学者の団体が、人間の目に特殊な物質を混ぜた目薬をさして実験。すると、暗い森の中で50m先の人を見分けることができたという。

その特殊な物質というのは、Ce6と呼ばれるもので、深海魚が持つ光感受性物質のこと。以前からガンや夜盲(俗にいう鳥目)の治療に使われてきた。

夜盲というのは、明るいところでは普通に見えるのに、薄暗くなると見えなくなる症状のこと。では、健康な視力の人にこのCe6を用いたら、暗いところでも見えるようになるのではないか、と考えたのが今回の実験のきっかけだという。

次ページ >> デバカメ用目薬開発? 暗闇50m先が見えた!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.