日刊大衆TOP 芸能

ダウンタウンもひく!? 山崎アナが言ってしまった放送禁止用語とは?

ダウンタウンもひく!? 山崎アナが言ってしまった放送禁止用語とは?

4月17日よりスタートしたダウンタウンの新番組『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)は、画期的だ。特殊な人生経験を持つ方々をスタジオに招いてスレスレの質問を投げかけ、その分野について掘り下げる……という内容はさることながら、この番組が斬新なのは「ほぼ生放送」というシステムにある。

内容が内容だけに、生放送は難しい。そこで電波に乗せる10分前に収録を行い、“不適切発言”があればすんでで処理、そしてリアルタイムの10分遅れで放送する……という方法をとるという。ちなみに、この日のゲストは「刑務所に入っていたオンナたち」。なるほど、完全生放送は危険すぎるだろう。

しかしなにかあった場合、本当に処理できるのだろうか? そもそも、処理が入る“不適切発言”とは、どんな発言なのか? ダウンタウン・松本人志(51)から、進行役の山崎夕貴アナウンサー(27)に確認が入った。

松本「(不適切な発言って)どういうの? 僕ら、わからないから。言ってごらんなさい」

山崎アナ「(ピー)」

ピー音が被さるも、彼女が発した“不適切発言”にスタジオは騒然!

松本「2個いらんから! どっちかだけで済んでんのに」

浜田「フザけんなよ」

ヒロミ「おまえ、本当にノンストップだ」

読唇術ではないが彼女の口の動きがわかりやす過ぎるので、山崎アナが「アナルセックス」と口走っているのは一目瞭然。松本による「2個いらんから!」というツッコミは「アナル」だけでも「セックス」だけでもよいのに、なぜ「アナルセックス」とくっつけて言ったのかという、彼女の不可解な貪欲さにある。

「不適切用語を言わなければいけない!」というリクエストに応えたからこその、この言葉のドッキングなのか? しかし、図らずも彼女のエロボキャブラリーが露わとなった今回である。

(寺西ジャジューカ)

ダウンタウンもひく!? 山崎アナが言ってしまった放送禁止用語とは?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.