日刊大衆TOP コラム

阿修羅原が教えてくれたマスコミの「うそ」。[プチ鹿島コラム]


阿修羅原さんが亡くなった。

「日刊スポーツ」は天龍源一郎とのタッグ(龍原砲)の写真を一面にして原さんの訃報を伝えた。

私にとって阿修羅原とはリング上のファイトだけでなく「マスコミ報道」について色々思い出を残してくれた人だ。

まずは「雪崩式ブレンバスター事件」。

子どもの頃に読んだ東スポで、国際プロレス(当時)の阿修羅原は日本初公開の雪崩式ブレーンバスターを写真入りで予告していた。初めて見るその豪快な技の公開を私は待ちわびた。

しかし事件はライバル団体の新日本プロレス「ワールドプロレス」生中継で起きたのだ。たしか阿修羅原の記事が出た当日か翌日の夜だったと思う。

木村健悟が試合の土壇場で雪崩式ブレンバスターを仕掛けたのである。驚きはそれだけではない。相手の藤波に空中で切り返されてまさかの逆転負け。

「え、え、え!?」

昨年、木村健吾さんにお会いした時にこの時の話を聞くと「あ、あれね。偶然でなく狙ってやった」と、あっさり。

「巡業バスの中であの予告記事を見たんだよ。だからテレビ中継で先にやっちゃえって」

「試合の流れではなく最初から狙っていたんですか」と聞くと「やったもん勝ちでしょ」。

最後に木村健悟さんは「原、ゴメン。」

ちなみに、「国際プロレスや原からのクレームを考えなかったかって? あの時代、そんな小さいことしないよ」とこれまたあっさり。ちまちましてない時代。

次ページ >> 阿修羅原が教えてくれたマスコミの「うそ」。[プチ鹿島コラム]

阿修羅原が教えてくれたマスコミの「うそ」。[プチ鹿島コラム]

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.