日刊大衆TOP 社会

人間を殺してブタの餌に…世にも恐ろしい鬼女

人間を殺してブタの餌に…世にも恐ろしい鬼女

アメリカのオレゴン州で養豚場を経営するスーザン・モニカ(66)という女が、2012~13年に2人の男性、ロバート・ヘイニーさん(当時56)とスティーブン・デリシ―さん(当時59)を銃で撃ち、死体をバラバラにしてブタに食わせた疑いで、昨年1月に逮捕されていた。

何とも恐ろしい事件だが、同州ジャクソン郡巡回裁判所は、このほど彼女に懲役50年の実刑判決を言い渡した。

ロングヘアのカツラをかぶり、真っ赤なマ二キュアをして出廷した彼女は、鋭い目つきをして、

「ヘイニーが私を襲おうとしたので撃った。正当防衛である」
「デリシーは自分で頭を撃った。私には関係ない」などと声を荒げ、無罪を主張した。

しかし、陪審員は有罪の評決。判事は「残虐な連続殺人鬼です」と述べた。
モニカは以前から拳銃で動物を撃ち殺し、豚に食わせていたらしい。

次ページ >> 人間を殺してブタの餌に…世にも恐ろしい鬼女

人間を殺してブタの餌に…世にも恐ろしい鬼女

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.