日刊大衆TOP コラム

大ヒール・メイウェザーにまんまとやられた。[プチ鹿島コラム]


5月2日に行なわれたボクシングの世界ウエルター級タイトルマッチ、フロイド・メイウェザーとマニー・パッキャオの世紀の大一番。

試合後もまだ世界が「揺れている」。

パッキャオが右肩の負傷を隠してリングに上がったため損害を被ったとして、ネバダ州の住民らが5日、パッキャオ陣営を相手取り、500万ドル(約6億円)以上の賠償を求める集団訴訟を起こした(時事通信)。

要は「パッキャオ勝利に賭けた」のに、ケガの情報を隠しやがってという文句である。

一方、こんな話題も。

“ジーターの後継者”トラウト、メイウェザー応援でツイッター炎上 (スポニチ)

エンゼルスのマイク・トラウト外野手はメイウェザーへの応援をツイッターでつぶやいた。すると「家庭内暴力などで過去に数回収監され、素行の悪いことで有名なメイウェザーをメジャーリーグの“顔”となるべき選手が支持するとは何事かとトラウトへの非難が集中した」という。

あの一戦をいかに多くの人々が全力で観戦したかという証明だ。

次ページ >> 大ヒール・メイウェザーにまんまとやられた。[プチ鹿島コラム]

大ヒール・メイウェザーにまんまとやられた。[プチ鹿島コラム]

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.