日刊大衆TOP 社会

100億円以上をポンと…ピカソやゴッホの絵画を爆買い

今月、ニューヨークで開催されたオークションで、ピカソの名画「Femme au Chignon Dans un Fauteuil」(1948年)が2990万ドル(約35億9000万円)で落札された。

落札したのは、「墨攻」や「西遊記 はじまりのはじまり」などの大ヒット映画を出している、中国最大の民営エンタメグループ・華誼兄弟メディアの王中軍(ワン・チョンジュン)社長だ。
この絵は、ハリウッドのメディア企業MGM創設者の1人、サミュエル・ゴールドウィン氏が1956年に購入した作品で、今年1月にゴールドウィン氏の他界後、計25点がオークションに出品された。

王社長は昨年11月にも、ゴッホの絵「静物 ヒナギクとケシの花瓶」を5500万ドル(約66億円)で落札した人物。手数料などを合わせると6176万5000ドル(約74億円)の買い物で、華人が落札した西洋の美術品の中では過去最高額という。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


注目キーワード


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.