日刊大衆TOP コラム

高さ134メートル!世界七不思議のひとつ「巨大灯台」

[週刊大衆06月01日号]

ギザの大ピラミッドやバビロンの空中庭園などと並ぶ「世界の七不思議」の1つがファロスの灯台。エジプト・アレキサンドリア近くのファロス島にあった灯台です。

完成したのは紀元前3世紀頃。プトレマイオス一世が20年かけて建設したといわれていますが、14世紀に発生した地震で崩壊したため、現在はその姿を見ることはできません。しかし、古代の建築物としては想像を絶する巨大さだったようです。

大理石造りで、高さは134メートルもありました。つい最近まで「世界一高い灯台」としてギネス認定されていた横浜のマリンタワーが106メートルですから、いかに大きかったかよくわかります。

光源は重油を燃やした炎。それを青銅の反射鏡に集め、海を照らしました。また、反射鏡は兵器としても使われたようです。太陽光線を集めて敵船に照射。炎上させたという伝説も残っています。

暗い海を航行する船にとって心強い味方だったファロスの灯台。その強力な光は、何キロ先まで届いたといわれている?

(1)42キロ
(2)56キロ
(3)67キロ


答えはココを押す! 答え :(2)


出題:浜川卓也

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.