日刊大衆TOP 芸能

「さんまの影」が見え隠れ!? 矢口真里「電撃TV復帰計画」

[週刊大衆7月29日号]

自宅不倫を報じられ、休養中の矢口真里(30)に、仰天の"テレビ復帰プラン"が浮上している。
「離婚後、自宅に引きこもっている矢口ですが、復帰へ向けた動きは着実に進行しています。一番有力なのは、明石家さんまが司会を務める夏の特番にゲスト出演する計画です。この場で一連の騒動を懺悔し、"禊"を済ませる算段なのでしょう」(芸能事務所関係者)

すでに、ほとんどのレギュラー番組を降板している矢口。民放各局は、「彼女の所属事務所のタレントは一切使わないつもり」(前同)というほどブチ切れている。唯一、TBSだけが矢口の処遇を濁しているようだが、「これはさんまの意向」(同)なんだとか。
「『さんまのスーパーからくりTV』特番に出演させると聞いています。街角ロケに矢口をスルッと登場させるサプライズか、スタジオで、さんまが騒動の顚末を聞き出してキッチリ謝罪させるか、の2案が進行中。どちらにせよ、話題性は十分のため、視聴率低迷で悩む同番組の起爆剤にもなりますからね」(同)

大御所が番組で復帰に太鼓判を押すとなれば、彼女にとっても心強い限り。

実はさんま、矢口のことは昔から目をかけていた。
「自身のラジオ番組のゲストに何度も呼んでいるし、モーニング娘。時代には、うちわを持ってライブに駆けつけるほど寵愛していました。彼女を復帰させたいさんまが、チャンスを与えたがっているのは間違いありません」(夕刊紙記者)

大御所の優しさに救われるか!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.