日刊大衆TOP 芸能

女優・水沢アキが6億5千万の借金を背負った過去を激白!

[週刊大衆06月01日号]

女優・水沢アキが6億5千万の借金を背負った過去を激白!

20代では年収1億円以上のときもあったという女優の水沢アキさん。しかし、バブルが弾けて背負ったローンは、なんと6億5000万円! 見事に完済した彼女が、芸能人のお金事情を語ってくれた。


20代の頃は、"ザ・女優"をしていました。嫌な女だったと思いますよ(笑)。服は全身高級ブランドで揃えて、お店でも値段もまったく見ずに、「おすすめだったら、全部いただこうかしら」なんてバカなことをしていましたね。

でも、私の欲を満たしてくれるものの一番はマンション。ストレスが溜まると夜な夜な車を走らせて高級マンションを見に行っては、そこに住むことに思いを馳せていました。そして23歳で初めて2310万円の物件を買い、25歳で5000万円のものを購入しました。それからはたくさん買いましたよね~(笑)。

購入する決め手は第六感。
それで即決です(笑)。見に行って施工会社や管理会社がわかれば建つ前でも買っていました。そうそう、仕事でアン・ルイスさんのハワイの自宅に行ったとき、素敵だなあと思っていたら、ちょうど「ここ、よかったら買わない?」と言われたから、その場で買っちゃったこともありましたね。

ほかにも米国に3戸買って、これまでで国内外合わせて買ったのは13戸。でも、バブルが弾ける前に2戸を買ったんですが、その購入代金と利息を合わせて6億5000万円を銀行から借り入れた途端、バブルが弾けたんですよ!

当時持っていたマンションを売って返済に充てたんですが、それでも月々の返済額は220万円。その頃はもう離婚もしていたので、本当に必死で働きました。レギュラー番組をこなしながら、通販番組の司会、クラブのママの誕生日会の司会など、いただける仕事は何でもやりました。

毎日が"火事場の馬鹿力"状態。39度の熱があっても絶対に休んだりはしませんでしたよ。当時の私の一番好きな言葉は「繰り上げ返済」(笑)!

ヘアヌード写真集の話もありましたよ。聞くとギャラが3000万円で、「喜んで!」と思ったんですが、「カメラマンが今一番抱きたい女優があなたみたいでして。宿泊ロケでどうですか?」なんて言うんです! だからお断りして、自ら企画して篠山紀信さんに撮ってもらい素敵な写真集が完成しました。結局、写真集自体はそんなに返済の足しにはなりませんでしたが(笑)。

でも、当時2人の子どもがインターナショナルスクールに通っていて友達の関係もあったので生活レベルは落とせず、家賃56万円のマンションに住んでいたんです。なんとかやっていましたが、銀行の残高が底を尽いて本当にピンチの月もありましたよ。そういうときは、子どもたちにスーパーの試食コーナーを何十周も巡らせたこともありましたね。「いい加減にお母さんを連れて来なさい!」と怒られたことも(笑)。でも、そうしたことも家族で楽しみながら明るくやっていましたよ。

それで10年10か月で完済できたんです。そのときは、ホッとしたというのが一番の感想でした。60歳を過ぎて思うのは、マンション投資より、筋トレやヒップホップダンスなどで身体を鍛えることにお金を遣いたいということ。また、これからは若い人たちにもお金を遣っていきたいと思っているんです。今年、新宿と新代田にダンススタジオをオープンさせたんですが、今はまだスタッフの給料を私の持ち出しで支払うような状態です。だけど、若い人たちの夢を応援していきたいですね。

水沢あき みずさわあき
1954年12月5日、東京都生まれ。72年、TBSドラマ『夏に来た娘』に主演し女優デビュー。73年には『娘ごころ』で歌手デビューも果たす。86年、米国人実業家と結婚。1男1女をもうけるが、93年に離婚した。現在はバラエティ番組にも出演し、幅広く活躍している。

女優・水沢アキが6億5千万の借金を背負った過去を激白!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.