日刊大衆TOP 芸能

2013年上半期人気女子アナ「マル秘SEX事件」暴露座談会 vol.1

[週刊大衆8月12日号]

キュートな笑顔とエッチなボディで我々を楽しませてくれっ放しの女子アナの皆さん。今回は、今年上半期に彼女たちが提供してくれた「SEX事件」を振り返り、その裏に隠された実はスケベな素顔をえぐり出しちゃいます。

ということで、女子アナのすべてを知る業界関係者が匿名で、彼女たちの真の姿をぶちまけてくれた!

A(芸能リポーター):この上半期、一番の女子アナニュースといったら、山岸舞彩(26)へのセクハラ騒動でしょうね。

C(写真誌カメラマン):セクハラ問題に関しては、山岸本人は否定しているんですが、プロデューサーは主任に降格になっています。

D(ヘアメイク):彼女と同じ事務所の女の子は、"あの子はセクハラで泣きを入れるようなタイプじゃない"といっていましたけどね。むしろ頼まれもしないのにミニスカを穿いてきたり、そっとボディタッチをしたりするのが得意で、周りの男性は、みんな勘違いするんだって。

B(制作会社プロデューサー):NHK時代には、人事権を掌握する担当者と2人きりで、隠れ家的な個室料理店に、あえてノーブラで出かけていたという伝説があると聞きましたよ(笑)。

C:最近も、"合コンで、わざとパンチラしてる"って記事もあったから、なくはないよね~(笑)。

B:その山岸に替わって、NHK『サタデー&サンデースポーツ』のキャスターに抜擢された杉浦友紀アナ(30)は、日テレ系のバラエティー番組でディレクターを務める、ワイルド系イケメン彼氏とのデート現場がフライデーされましたね。

C:甘えるように男の腰に手を回す杉浦アナが、エロかったなあ。あの豊乳を独占できるなんて羨ましい!

A:もともとオシャレやメイクに関心が薄いタイプだったそうですが、最近は彼にもらったアクセサリーを喜んでつけるなど、すっかり色気づいているそうです。逞しい彼との性生活も充実しているんでしょうね(笑)。

D:あの美貌とスタイルですから、NHK内にも彼女のファンはいっぱいいて、一時は、アッシーだけで3人はいたとか。でも、押しの弱いNHK局員は、彼女にしたら物足りなかったんでしょうね。

A:大きなニュースといえば、スポーツ紙の一面を飾った滝川クリステル(35)と俳優の小澤征悦の結婚スクープがありました。その後の進展は?

B:水面下では着々と進行していますよ。最近、彼女は女子アナ業よりも、五輪招致など文化人としての仕事にシフトしていますよね。征悦の父で世界的指揮者の小澤征爾の名前は、彼女のステータスを数段アップさせられるので、絶対に征悦を逃したくないみたい。結婚に及び腰の彼に相当、色仕掛けをしているって聞きますね。

A:フジの加藤綾子アナ(28)は、最近、これといって話題がありませんが。

B:『ホンマでっか!?TV』で、「いま、彼氏いません」といってました。さんまも驚いていたくらいだから、最近、別れたんでしょうね。

A:仕事が多忙すぎるのと日枝会長をはじめフジ上層部からの寵愛を受けているため、特に局員からすると簡単に口説ける存在ではなくなっているそうですね。

D:実は彼女、先日、都内某所の高級マンションでの"極秘合コン"に参加したと聞きましたよ。だけど、仕事が忙しくて、開始40分で帰ってしまって、男性陣からは"そりゃないよ"と泣きが入ったそうです。

B:最近、「混浴があれば、彼氏と入る」とか、カトパンにエッチ発言が増えているのは、相当溜まってる証拠ですよ。

D:実際、周囲に、「私、このままだと欲求不満で壊れそう」と訴えているみたい。

A:そこへいくと、超イケメンのバスケット選手の五十嵐圭と結婚した本田朋子アナ(29)は勝ち組だ。

C:ただ、五十嵐は、かなりの女性好きらしいよ。バスケ仲間と合コン&お持ち帰り三昧の日々を送っていたみたいですよ。

D:私も聞いた! 合コンに参加した友達いわく、「五十嵐クンは最初はイイ人だったけど、酒が入ると豹変。急にエロくなって、いい感じになった女とカラオケをこっそり抜け出していった」って。

B:でも、本田アナもお淑やかに見えて、もともとは結構な遊び人。地元・愛媛では、高校時代からクラブに入り浸って、人気DJの取り合いをしていたそうですよ。

A:じゃあ、結局、お似合いの"肉食カップル"だ。

8月6日公開のvol.2に続く・・・。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.