日刊大衆TOP 芸能

高部あい「眉毛の太い“昭和の男”が好きです」ズバリ本音で美女トーク

[週刊大衆06月15日号]

高部あい「眉毛の太い“昭和の男”が好きです」ズバリ本音で美女トーク

もっと画像を見る

「男性とは知り合ってから最低でも1年は経たないと恋に発展しない気がして……ウフフ」

グラビアでは抜群のスタイル、バラエティでは癒し系の天然キャラ。各分野で魅力を発揮し、現在、女優として活躍中の高部あいさん。放送中の『京都人情捜査ファイル』では"デキる女" を好演中の美女が、撮影秘話と京都愛、気になる男性についても大激白した!

――出演中のドラマ『京都人情捜査ファイル』(テレビ朝日系)は、どんな作品ですか?

高部 舞台は、京都府警本部内にある「犯罪被害者支援室」。犯罪に巻き込まれた被害者や遺族の方のサポートを担当する、全国の警察本部に実在するセクションです。その支援室を舞台に、高橋克典さん演じる、戸隠班長の下で活躍する警察官たちの姿を描いた、新しい形の警察ドラマなんです

――確かに、"犯人は誰なんだ?"という、従来の警察ドラマとは雰囲気が違いそうですね。

高部 もちろん、そういう要素もあるんです。実在の支援室には、捜査権はないので。でも、ドラマでは、「犯人が誰かわからないとスッキリせず、新たな人生に踏み出せない」という被害者のため、刑務部長の許可の下、事件の真相解明へと、特別捜査に動くんです。

――ドラマならではですね。

高部 なので、ドキドキ、ワクワクがありながら、常に被害者の心の傷に寄り添った、人情溢れるストーリーになっているんです。

――その中で、高部さんが演じているのは?

高部 交通課出身の星野佳世という、若くて仕事の早い、デキる女の役です。

――あら? 高部さん本人は、わりとマイペースで、どちらかというと"天然ちゃん"のような気がしていたのですが?

高部 よく、そう言われます。昨日も、階段で転んで4段くらい落ちちゃったんですよ。

――えーっ、大丈夫!?

高部 でも、仲のいい友達には、"しっかりしている"とか、"頼りがいがある"って言われることも多いんですよ。

――では、その星野佳世には、自分に通じるところもあると?

高部 どうでしょう……。ただ、家族や友達のことになると熱くなって、ふだん以上の力を出してしまうようなところはあるので、人のために働く警察官の役はとても気持ちが入ります。

――では、楽しんで演じられているんですね?

高部 はい、とても。特に潜入捜査のとき、いろんなコスチュームを着させてもらえたり、そこでもまた違ったキャラクターを演じたりするのが楽しいですね。

――たとえば、どんなコスチューム?

高部 秘書になって潜入するときは、パキッとしたスーツでした。あと、和菓子屋さんのアルバイトとか、京野菜を売っている青果店のときは、和服っぽい衣装だったんです。

次ページ >> 高部あい「眉毛の太い“昭和の男”が好きです」ズバリ本音で美女トーク

高部あい「眉毛の太い“昭和の男”が好きです」ズバリ本音で美女トーク

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.