日刊大衆TOP トレンド

ホントにわかってる?「CEO」「COO」「社長」の違い

日本企業のトップといえば「社長」「代表取締役」、経営陣なら「副社長」「専務」「常務」といった肩書がほとんど。社長、副社長はどういった立場なのか理解できるが、専務や常務だと、「実際はどういうポジション、役割を担っているの?」と思ったことはないだろうか。

これ以外にも、「部長代理」や「事業部長付」「課長補佐」……う~ん、何が何だかわからない。どうも、役職が乱発・乱立しているようで……(ちなみに、大手企業や公務員に多い)。

一方、近年は外資企業の日本進出や外国人経営者の登用などをきっかけに、役員を「COO」「CEO」といった、ワールドワイドでも通用するような肩書にするケースも増えているようだ。

しかしながら、こういった名称がどういった意味や役割を担っているか、正確に把握している御仁はどれくらいいることだろう? なんとなく“わかったフリ”をしてしまっているビジネスマンも多いのではないだろうか。

知らない人には「へ~」、知っている人には「おさらい」ということで、ここでご解説差し上げたい。


次ページ >> ホントにわかってる?「CEO」「COO」「社長」の違い

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.