日刊大衆TOP 娯楽

『ド根性ガエル』どころじゃない!? 今こそ観るべきマンガ原作の「珍作映画」

1970年代に少年ジャンプで連載され、アニメも大人気となった吉沢やすみ原作の『ド根性ガエル』が、この7月より日本テレビ系でドラマ化される。登場人物の16年後を描くオリジナルストーリーが採用されたこのドラマ、主人公のひろし役に松山ケンイチ、ヒロインの京子ちゃん役に前田敦子といった配役が発表されると、ネットでは賛否両論の声が巻き起こった。

しかしマンガ実写化の配役に異論が出るのは、今に始まったことではない。1970年代あたりからマンガを原作とする映画やドラマが一気に増え始めたが、振り返ってみれば今以上に意外な役者が意外な役を演じていたりするのだ。

今回は、まだマンガ原作映画が珍しかった1970年代の、「かなり自由な」マンガ実写化映画を取り上げてみよう。

次ページ >> 『ド根性ガエル』どころじゃない!? 今こそ観るべきマンガ原作の「珍作映画」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.