日刊大衆TOP 娯楽

【武豊】 競馬にも通じる「百聞は一見にしかず」

[週刊大衆06月29日号]

人生に役立つ勝負師の作法 武豊
競馬にも通じる「百聞は一見にしかず」


百聞は一見にしかず。みなさんも経験があるのではないでしょうか。

――すっげぇかわいい子がいるから、とにかく1回、見てみなよ。
で、実際見たら、そうでもなかった。

――あの人と仕事をするときは、気をつけたほうがいいよ。
耳打ちされ、心配していたら、実はいい人だった。

悪気はなくても、真顔でささやかれると、「えっ、そうなの!?」と思ってしまうのが人間です。だから僕は、自分の耳で聞き、自分の目で見たこと以外は、話さないようにしているのですが。競馬の世界にも、この手の話は、たくさんあります。

1994年7月17日、佐山優厩舎のゴールドマウンテンと挑んだ、記念すべき第1回「札幌スプリントS」もそのひとつでした。

父フォティテン
母エンペリーズゴールド

このレースまで21戦して8勝。僕とは4回コンビを組んで2勝と相性もよく、しかも前3走は、角田晃一騎手と組んだオープン特別「シルクロードS」、岸滋彦騎手とのGⅢ「阪急杯」をともにレコードタイムで快勝。続く、GⅡ「CBC賞」(角田晃一騎手)でも3着と力をつけていて、久々のコンビ復活に大きな期待を寄せていたのですが、新聞を通して入ってくる情報は、どれもあまり芳しいものではなかったのです。

〈調教で遅れる〉〈栗東から札幌までの30時間を超える長距離輸送はあきらかにマイナス〉〈連日、軽めの調整に終始〉……えっ、そうなの!? と心配になったものでした。しかし、それもこれもすべて佐山先生の思い描いていたとおりの仕上げだったのです。

次ページ >> 【武豊】 競馬にも通じる「百聞は一見にしかず」

【武豊】 競馬にも通じる「百聞は一見にしかず」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.