日刊大衆TOP 芸能

あの有名人のご実家アポなし訪問20連発! vol.5

[増刊大衆7月28日号]

●愛川ゆず季『愛媛果汁食品』(愛媛県新居浜市)

愛川の父親は、創業40周年を迎え、新居浜を代表する食品メーカーの社長だ。近年では『ゆずすてぃっく』など、彼が考案した柑橘ピールが女性に大ヒット中とか。愛川本人も芸名に"ゆず"の字を入れるくらい、父へのリスペクトを忘れておらず、地元では「芸能界を引退したら実家に戻り、婿探しに精を出すらしい」なる噂も。

先日、女子プロレスを引退した愛川の去就に注目したい。JR新居浜駅より車で5分。


●優木まおみ『光楽園』(佐賀県佐賀市)

店内には優木が表紙を飾る男性誌、ポスター、写真集などが所狭しと飾られており、彼女の実家感は満点である!

ただ、これには、当の本人も「実家は私の生写真を売っていたり、『まおみランチ』をメニューに載せたりして客寄せにしている」と呆れ顔とか。6月17日にカリスマ美容師と挙式した優木、"結婚キャンペーン"が実家で(勝手に)行なわれることは確実か!? JR佐賀駅より徒歩15分。

●KEIKO(globe)『山田屋』(大分県臼杵市)

明治38年創業のふぐ専門店。豊後水道で穫れたてのふぐを、開放的な大広間で堪能できる。オススメは2種類のふぐコース(ミニコース7000円~、フルコース1万円~)。

東京にもミシュランガイドで三つ星に輝いた姉妹店『臼杵ふぐ山田屋東京西麻布店』があり、こちらはKEIKOの実姉がオーナーを務めている。JR臼杵駅より徒歩6分。

●スザンヌ『キャサリン’sBAR』(熊本市中央区)

スザンヌの母(キャサリン)がオーナーママとして頑張る立ち飲みバー。生ビールや焼酎、日本酒などの酒類がワンコイン(500円)で飲める、サイフに優しい店だが、それにもまして評判なのが、美人で気さくなママのおもてなし。

自らもタレントとして活躍しているだけに、彼女の軽快なトークを目当てに、市内はもちろん、九州全土から連日、ファンが押し寄せている。市電花畑町駅より徒歩3分。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.