日刊大衆TOP 芸能

テレビ業界No.1の視聴率男 林修先生の授業内容

[週刊大衆8月19・26日合併号]

「テレビ業界で、現在、一番数字を持ってますね」と、制作会社関係者が語るのは、「今でしょ!」でお馴染みの予備校講師・林修先生(47)のこと。
「6月9日に放送されたバラエティー『あすなろラボ』(フジテレビ系)で、不良相手に熱い授業を繰り広げた回の視聴率は12・2%。その前週が4・3%でしたから、3倍近い。実に7・9%の爆上げです」(前同)

視聴率1%で約41万人の視聴者とされているから、実に300万人以上を林先生が動かしたことになる。8月6日からは、冠番組『林修先生の今やる! ハイスクール』(テレビ朝日)まで始まり、破竹の勢いだが、本業のほうはどうか?

ご本人に取材を……と申し込むと、所属の『東進ハイスクール』を運営する株式会社ナガセの広報部担当者から「どうしても時間が取れません。申し訳ありません」と丁重なお断りが。
「予備校講師の林先生は、いまの季節、夏期講習などで殺人的な忙しさになります」(夕刊紙記者)

林先生の授業は、どうやったら受けられるのか?
「人気講師なので、直接、授業を受けるのは難しいですね。通常、スタジオで収録した授業を生徒がパソコンで視聴する形です。東大進学クラスに限って、東京や名古屋の校舎で直接、授業をする場合もあります」(前出・ナガセ広報部)

受験生にも、林先生にも「勝負の夏」でしょ!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.