日刊大衆TOP 芸能

プロレス史上最大の興行「新日本vsUインター」当事者たちの証言

[新シリーズ 逆説のプロレス]

プロレス史上最大の興行「新日本vsUインター」当事者たちの証言

“マット史上最大のヒット興行”と言われるのが、1995年10月9日、東京ドームで行われた「新日本プロレスvsUWFインターナショナル 全面対抗戦」だ。人物の背景には、両団体フロント間の数年に渡る遺恨の存在があった。その内実を、いま当事者たちが語る。
新日本プロレスの黄金時代には、まだ明かされていない真実があった……。重要人物たちのインタビューで当時のプロレスを徹底検証する双葉社ムック「新シリーズ 逆説のプロレス」より、三人の鼎談を一部抜粋してお届けする。
新日本プロレスvsUインターの、はじめて明かされる20年目の真実とは!?



■鈴木健
すずき・けん●1953年生まれ。高田延彦公認のファンクラブを結成し、精力的な活動を展開。91年、Uインターのフロント代表としてプロレス界に入った。現在は、世田谷区用賀でやきとり居酒屋「市屋苑」を経営。

■安生洋二
あんじょう・ようじ●1967年、東京都杉並区生まれ。高校卒業後、UWFに入門し、91年、Uインターに参加。取締役として、団体経営に携わり、帰国子女の経験から、外国人レスラーとの折衝にあたった。

■永島勝司
ながしま・かつじ●1943年、島根県生まれ。専修大学卒業後、東京スポーツで敏腕記者としてならし、88年に新日本に入社。89年の東京ドーム初進出や、00年の新日本vs 全日本など、数々のビッグイベントを仕掛けた。


―マット界最大のヒット興行である団体対抗戦、新日本プロレスvsUWFインターナショナル(以下、Uインター)。本日は、遺恨深き、それぞれのフロントの方が一堂に介して鼎談をしていただくのですが……。

鈴木 そんな堅苦しい挨拶は抜きに、カンパーイ!

永島 アハハ、健ちゃん、元気だねえ。いくつになったの?

鈴木 60ですよ。でも、見えないって言われる。この店(市屋苑)によい練習生がいるからかな?

安生 この健さんの店で、修業させてもらってるんですよ。僕も焼き鳥屋を出そうとね。

永島 引退興行の成功、おめでとう(安生は2015年3月19日に引退)。当時、俺は新日本のフロントで、健ちゃんと安生はUインターのフロントと選手。あの頃は客もよく入ったよねえ。

―両団体の最初のコンタクトは、1992年10月に、ルー・テーズさんが新日本の事務所を抜き打ち訪問したことでしたね。

永島 うん。「なんだこりゃ」と思ったけど、話を聞く耳は持ってましたよ。

安生 宮戸(優光)さんが『週刊ゴング』のインタビューから、蝶野(正洋)が高田(延彦)さんとやりたがってるというのを拾ってきてね。これはチャンスだ、と。テーズさんも宮戸さんに頼まれて行っただけで、いい迷惑だったと思うけど。

永島 で、翌月、新日本の事務所で会談をすることになったんだけど、新日本からは俺と長州(力)とマサ斎藤、そっちは健と安生と宮戸が出たんだよな。

鈴木 「蝶野への挑戦のリスク料、3000万円払え」とか言われてね。「なんでこっちが払わなきゃいけないのか」と。オマケに、蝶野への挑戦権をかけて、巌流島で3vs3で戦うって。その試合に蝶野は出ないのに、高田さんの出場は厳命で。

安生 もう新日本さんは、明らかにやりたくない気満々なんだもん! コイツら、どうやって追い返してやろうか、って考えた結果、こんな珍妙なアイデアになったんじゃないの? 

永島 だって、そっちが勝手に言ってきたことだったから(笑)。こっちはその条件を言って、3人に別室を用意してあげたの。「どうぞ、こちらで30分お考えになって下さい」と。

安生 こちらは、そんな話になると思わなかったから、ポカーンですよ。根回ししてれば3000万なんて言われることもなかったと思うんだけど(笑)。

永島 巌流島とかは言わなかったろうな。

安生 もったいないですよねえ。巌流島には客入れないんだから。収益上がりませんよ。

鈴木 でも、宮戸は前向きで。「3000万用意して、やっちゃおうよ!」って。ちょっと待て、その金を用意するのは俺だぞ、と。結局、バカらしくて中止になった。
永島 俺は一応対策はしたね。巌流島でやるってことはプロレスじゃなくて、〝野試合〟になるわけだから、こっちはマサを同席させたし。あと2人、橋本(真也)と佐々木(健介)にも連絡したんだよ。そしたら、橋本は震えてたけどね。「オヤジ、それ、一体何なんだよ?」って。

鈴木 もしやってたら、安生1人で3人ヤッてたよ。

永島 それはないよ。ウチの選手もそんなに甘くはないよ。

安生 う~ん、僕としてはあまり行きたくなかった。マサさんには、前からお世話になってましたからね。若手時代、僕は健介と仲良かったんですけど、当時の健介は池尻のマサさんの家に寝泊まりしてて、よく遊びに行ってたんで。いい人ですよ、笑顔が素敵で。だから、会合で敵としてマサさんと会った時は、「なんなんだ、この展開は!」と。

―健介さんは、新生UWFに誘われていたという話もありますよね。

安生 誘ったような記憶もなくはないですね。彼の方がオラオラ系なんで、ソフトな僕より向いてたんじゃないの?

鈴木 俺は、当時はまだアマチュアなところがあったから、交渉の時は、マサさんや長州さんに対して、「サイン欲しいな」とか、そんな感じだったね。

次ページ >> プロレス史上最大の興行「新日本vsUインター」当事者たちの証言

プロレス史上最大の興行「新日本vsUインター」当事者たちの証言

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.