日刊大衆TOP 娯楽

[競輪] G1回顧 高松宮記念杯は武田豊樹選手が優勝


001


21日、岸和田競輪場で開催された第66回高松宮記念杯決勝戦で、武田豊樹選手(41 茨城 88期)が優勝し、優勝賞金2890万円を獲得した。
関西での開催だけに、京都の2人、村上義弘選手と稲垣裕之選手が人気を集めていたが、武田選手は最終的には稲垣選手の後ろにつくことができ、ゴールを1着で通過した。

002


2着は稲垣選手、3着には佐藤慎太郎騎手(福島)が入り、3連勝単式1−7−4は9940円だった。

これで武田選手は、G1通算6度目の優勝。高松宮記念杯優勝は2012年に次ぐ2度目の快挙。岸和田では、昨年末のKEIRINグランプリ2014で優勝している。

武田選手はもともと,冬季オリンピックに出場したこともあるスピードスケートの選手。03年デビュー以来、その卓越した体力と日々怠りない練習のおかげで、競輪においても目覚ましい活躍を見せている。

次ページ >> [競輪] G1回顧 高松宮記念杯は武田豊樹選手が優勝

[競輪] G1回顧 高松宮記念杯は武田豊樹選手が優勝

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.