日刊大衆TOP コラム

意外な事実!! 「セロハンテープ」の原料はビニールじゃない!?

[週刊大衆07月06日号]

意外な事実!! 「セロハンテープ」の原料はビニールじゃない!?

家庭にも、学校にも、職場にも、ほぼ例外なく置かれているのがセロハンテープ。ついセロテープと言ってしまいますが、これはニチバンの商品名で一般名称ではありません。

セロハンテープを最初に発売したのはアメリカの3M社。1930年のことで、商品名はスコッチセロハンテープでした。日本では18年後の1948年、GHQの指示で初の国産テープが作られています。
その頃、GHQは日本の郵便物を開封・検閲したあと、アメリカ製のセロハンテープで留めていました。しかし、いちいちテープを本国から取り寄せるのは面倒だというので、絆創膏メーカーのニチバンに製造を依頼。競合する会社がなかったことから、セロテープという商品名が全国に普及しました。

ところで、セロハンテープは何から作られているか、ご存じでしょうか。プラスティックと同じ石油製品と思っている人も多いようですが、実は違います。あの透明なセロハンの原料とは?

(1)木
(2)土
(3)でんぷん


答えはココを押す! 答え :(1)紙と同じパルプが原料


出題:浜川卓也

意外な事実!! 「セロハンテープ」の原料はビニールじゃない!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.