日刊大衆TOP 芸能

AKB48小嶋陽菜ぷにぷにボディ「男をトロかす25の秘密」 vol.02

[週刊大衆02月03日号]

前出のユリオカ氏も、このCMに完全KOされた一人だという。
「AKBのメンバーの多くは、キレのいいダンスを踊るため、引き締まったアスリート体型にも見える。そんななか、こじはるのボディは、CMでもわかるように、ちょっとプニっている。ダンスも力まず、一人だけ蝶が舞うように、どこか優雅。そこが、なんとも可愛らしいんです」

また、ポッテリと肉厚の唇も、彼女のチャームポイントのひとつ。
「【くちびるモンスター】と呼ばれており、やはり大島をはじめとする多くのメンバーに狙われているんです。フォトブックにも、松井珠理奈に迫られるショットが掲載されています」(前出・出版関係者)というから、まさに全身が悩殺兵器のこじはる。

ボディばかりでなく、テレビ、その他での発言も、驚異的な破壊力を誇る。
「"お風呂ではどこから洗いますか?"という質問には、"床から"と答え、"朝、最初にすることは?"には、"焦る"と答えて、爆笑をかっさらっています」(前出・テレビ誌記者)

『有吉AKB共和国』(TBS系)では、司会の有吉弘行に、「チンチン電車」と言わされるのがお約束で、「次第に恥じらいがなくなり、ついには"チンチン電車、ありがとう!"と絶叫して、チンチン電車を卒業するという、よくわからない展開にまで発展してしまいました(笑)」(前同)

プロデューサーの秋元康のハートも、がっちり"んでいるようで、「過去、秋元さんは"つき合うなら小嶋"と名前を挙げたことがあります。今回のフォトブックでの対談でも、こじはるを「3日で飽きない美人」と評し、〈最終的に、陽菜は全部手に入れられるんじゃない? アイドルとしてのしあわせも、女の子としてのしあわせも〉と、ベタ褒めでした」(出版関係者)

また、昨年7月にAKBを卒業した篠田麻里子と韓国旅行に行くときに、なぜか香港のガイドブックを持参し、「漢字2文字のやつを適当に買ってきた」というのだから、その行動は予想不可能。
「AKBの総監督である高橋みなみは、そんなこじはるを、〈本当に私の人生で、こんな人に会ったことないよ。見た目がかわいくて、中身がおもしろくて"才能の塊"みたい〉と大絶賛しています。誰からも愛されるその姿は、まさに愛と美の女神・ビーナスそのものです」(雑誌記者)

もはや我々に、こじはるのセクシービームから逃れる手立てはなさそう。
これからも、そのフェロモンを存分に堪能させていただきます!!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.