日刊大衆TOP 芸能

「AKB総選挙なら3位〜5位」元SDN48芹那が切れ味抜群の炎上発言を披露

「AKB総選挙なら3位〜5位」元SDN48芹那が切れ味抜群の炎上発言を披露

6月22日、『中居正広のこうして私はやっちゃいました! 神センス塩センス!』(フジTV系)が放送された。

番組冒頭、MCの中居正広(42)が集まった芸能人を見て「いろいろ問題ある人が集まって……」と言ったように、過去や現在に問題ある芸能人達が多数出演。年齢詐称があった夏川純(34)、恋愛センスが悪いMAXのLINA(38)など十数人の芸能人が、問題のエピソードを披露し合った。

中でも一番盛り上がったのはタレントの芹那(30)だ。2009年SDN48の中心メンバーとしてセンターも務め、2012年にはバラエティ番組を始め310本の番組に出演。一時は”芸能界イチ口説きたい女”と呼ばれた時もあったが、今ではモテることを皮肉られ、なにか言うたびに大バッシングを受けるような状態にまでなってしまった。ちなみにあざといなと思う女性ランキング”でも、男女ともに1位を獲得。今回は”なにをやっても嫌われる塩センス”として紹介された。

番組では、なぜ嫌われキャラになってしまったのか、過去の問題発言を探ることに。まずはAKB48総選挙の時に「総選挙に出たら8位になれた」と発言し、大バッシングになったことから。

この発言に対し杉村太蔵は「本心は違う」と指摘。さらに「本当は8位より上を狙ってるだろう? なに、謙虚ぶってるんだよ!」と詰め寄った。そのやりとりを見たカンニング竹山が「実は何位に入れたと思う?」と直球の質問をしたところ、芹那は「5位から3位は……」と正直に答えてしまった。もちろん他の出演者達からは非難轟々。さすが芹那と言いたくなるような、見事な炎上芸を披露していた。

いっぽう、MCの中居は「今、初めて好感度が上がったよ」と、ただひとり周りの非難の声を笑いに変える、抜群のレシーブを披露。賞味期限切れ間近の芹那を使って見事に番組を盛り上げる、名司会者ぶりを見せていた。

「AKB総選挙なら3位〜5位」元SDN48芹那が切れ味抜群の炎上発言を披露

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.