日刊大衆TOP 娯楽

【武豊】 騎手の身近でサポートする大切な仕事とは

[週刊大衆07月13日号]

人生に役立つ勝負師の作法 武豊
騎手の身近でサポートする大切な仕事とは


"バレット"という仕事を知っていますか?

競馬開催の当日、騎手の仕事は鞍の準備から始まります。レースごとに斤量が違いますから、まず、これがひと苦労。馬の背中と鞍の間に敷くスポンジ、腹帯を揃えて前検量へ。

7着以内に入ったら後検量があり、優勝すると、口取りの記念撮影や表彰式が待っています。そこからパドックに走り、本馬場入場からまた次のレースへ。1日12レースに騎乗するときは、かなりのハードワークです。

そこで生まれたのが、そのレースで使用する鞍などをあらかじめ準備したり、汚れた鞍をきれいに掃除してくれたり、勝負服を揃えてくれたりと、騎手のサポートをしてくれるバレットという仕事です。

雇用契約はJRAとでなく、騎手個人。1人で数名の騎手の掛け持ちをしている人もいます。僕が初めてこのバレットの存在を知ったのは、アメリカでした。

レース後、自分で鞍を外し、汚れを落とし、ようやく次のレースの準備を始める頃、バレットがいる騎手は、すべてを終えて臨戦態勢に入っています。

――なんて、いい制度なんだ。これは日本にも取り入れなきゃ。
新しいもの、便利なもの、優れたものには、すぐにアンテナが反応します。

気にし始めたらきりがないので、験は担ぎません。でも、負け続けたり、ここ一番の大勝負のときなどは、やっぱり腹帯をどれにしようかなどと、つい考えてしまいます。

そういう負担をなくすことができるなら、これは最高の制度です。

次ページ >> 【武豊】 騎手の身近でサポートする大切な仕事とは

【武豊】 騎手の身近でサポートする大切な仕事とは

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.