日刊大衆TOP 芸能

女優・文音「父・長渕剛には巻き物で怒られました(笑)」ズバリ本音で美女トーク

[週刊大衆07月13日号]

女優・文音「父・長渕剛には巻き物で怒られました(笑)」ズバリ本音で美女トーク

もっと画像を見る

「小6のときにバレエの発表会で失敗したら寝室に2メートルの巻き物が。そこには父・長渕剛の怒りの言葉がブワ~ッと…ウフフ」

日本人離れしたスタイルに、意志の強さを感じさせる瞳。映画『KIRI-「職業・殺し屋。」外伝-』に出演する文音さんは、思わず見入ってしまう魅力を持った女性だ。実は彼女、父に長渕剛、母に志穂美悦子を持つ、いわば芸能界のサラブレッド。アメリカに留学して本格的に演技を学ぶなど、女優という仕事に人一倍情熱を燃やす文音さんに急接近!

――文音さんは、先々週号にご登場いただいた釈由美子さん主演のアクション映画『KIRI-「職業・殺し屋。」外伝-』で、釈さん扮する主人公・キリの妹分・ルイを演じています。釈さんの印象は、いかがでした?

文音 ご一緒させていただいたのは初めてでしたが、ホントにお姉さんみたいな感じでしたね。撮影は昨年12月に山梨の山奥で行われ、長時間コンクリートの上に寝転ばなきゃいけないシーンがあって。このときの衣裳が、タンクトップにシャツとショートパンツだったんですね。

――すごく寒そう!

文音 それを見て、釈さんが氷嚢にお湯を入れて湯たんぽみたいにして持ってきてくださって。画面に足元が映らないときは、ジャンバーをかけてくださるなど、優しくしていただきました。

――『KIRI』の撮影はいかがでしたか。

文音 実は、最初にお話をいただいたときは、ちょっと戸惑いがあったんです。

――そうなんですか。

文音 妊娠している女性のお腹を……みたいなシーンが台本には多かったので、"コレ、どうなんだろう"って。でも、ルイの闇を抱えたキャラクターに少し惹かれたんです。それから坂本浩一監督と何回かディスカッションをして、ルイのキャラを作り上げました。その中で私もルイに100%共感できて、"よし、やろう"と思えたんです。

――ルイは車椅子で口が利けない、という設定です。内面的な部分を含め、難しい役柄ですよね。

文音 優しい部分と闇を抱えた部分があったので、二人のルイがいる感じで演じ分けるというか。だから、優しいルイのときは目を優しくしたり、気持ちを込めてなりきるうちに自然と表情に出る……そんな感じでしたね。

次ページ >> 女優・文音「父・長渕剛には巻き物で怒られました(笑)」ズバリ本音で美女トーク

女優・文音「父・長渕剛には巻き物で怒られました(笑)」ズバリ本音で美女トーク

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.