日刊大衆TOP コラム

[プチ鹿島]世界最大のプロレス団体「WWE」の日本公演が両国で開催中


7月3日(金)の公演が終わり、本日が最終公演。

ここまで読んで、あまりプロレスに詳しくない方のなかには「公演」という表現に違和感を持つ方もいるだろう。でも、WWEは正真正銘のエンタメなのです。

日本ではエンタメを「娯楽」と呼んできた慣習のせいで、エンタメという言葉にはなんだか緊張感のないイメージがあった。でも人前に立つからこそ演者側は真剣だし、過酷な生存競争がある。そんな当たり前のことをWWEは教えてくれた。
この巨大団体に抜擢されたらどうやって自分を輝かせていくか。人生ドキュメントでもある。

たとえば90年代末からWWEで一世を風靡したストーンコールド・スティーブオースチン。実は、日本のファンはあの「スキンヘッドで荒くれ者」としてブレイクする前に、オースチンを新日本プロレスで目撃している。

次ページ >> [プチ鹿島]世界最大のプロレス団体「WWE」の日本公演が両国で開催中

[プチ鹿島]世界最大のプロレス団体「WWE」の日本公演が両国で開催中

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.