日刊大衆TOP 芸能

いま話題の“ハーフ会“に「呼ばれない」ハーフタレントって誰?

いま話題の“ハーフ会“に「呼ばれない」ハーフタレントって誰?

今年1月、タレントのユージが自身のブログに「ハーフ会行って来たよ」という記事と共に、写真を公開したことで有名になったのが「ハーフ会」。芸能人として活躍するハーフタレントたちの私的な会合だ。その存在がネットで大きな話題となり、ここ数日、メンバーたちによるハーフ会としてのTV出演が相次いだ。

6月29日放送の『SMAPxSMAP』(フジテレビ系)に出演したメンバーはベッキー(31)、ローラ(25)、ホラン千秋(26)、IVAN(31)、豊田エリー(26)、JOY(30)、アントニー(24)、ユージ(27)、ウエンツ瑛士(29)の総勢9人。

7月2日放送の『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系)には、上記のメンバーにハリー杉山(30)とトリンドル玲奈(23)が加わった。

ハーフ会の幹事はベッキーで、「恋愛禁止」というルールがあり、毎回ベッキーが作成した旅のしおりに沿って行動するという。しかし、気になるのはその場に「呼ばれていない」ハーフタレントたちの存在だ。

現在TVで活躍する同世代のハーフタレントたちをざっと挙げるだけでも、マリエ(28)、ダレノガレ明美(28)、マギー(23)、水沢アリー(24)、春香クリスティーン(23)、ラブリ(25)、ざわちん(22)、ラフルアー宮澤エマ(26)、といった名前が思い浮かぶ。

幹事がベッキーだけに、ベッキーと気の合わない女性は呼ばれない可能性が高いかも? 現在の芸能界はハーフだらけだが、その派閥と人間関係が新たな形で浮き彫りになりそうだ。

いま話題の“ハーフ会“に「呼ばれない」ハーフタレントって誰?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.