日刊大衆TOP 芸能

稲森いずみ「反町ショックが響くも狙いを変えて見事復活」テレビ美女のオトコ事情

[増刊大衆06月30日号]

稲森いずみ「反町ショックが響くも狙いを変えて見事復活」テレビ美女のオトコ事情

テレビ美女10人「男運ゼロ!」寂しき生活を大暴露!

お仕事はバリバリでも、プライベートはそう単純にもいかず。芸能美女たちも人の子、オトコには相当苦労しているようで……。


放送中のドラマ『戦う! 書店ガール』(フジテレビ系)では、共演中の渡辺麻友(21)から「肌の張りといいスタイルのよさといい、とてもアラフォーには見えない」と絶賛される美貌の持ち主ながら、なぜか男に縁がなかった稲森。

「稲森といえば、1997年にドラマ『ビーチボーイズ』(フジテレビ系)での共演から熱愛へと発展した、反町隆史との破局が忘れられません。結婚寸前までいくも、土壇場で反町が松嶋菜々子(41)に乗り換えた。で、1年ぐらい揉めに揉めたあげく、ていよく捨てられたわけです」(芸能リポーター)

その後も、諸星和己や尾上菊之助、要潤との仲が取り沙汰されるも、成就せず……。
「反町との破局劇で、恋愛に対して臆病になったのかも」(前同)

もっとも最近の彼女は私生活も充実しているとのこと。
「なんでも対象を年下や外国人まで広げたのがよかったみたい。留学経験のある彼女は、英語がペラペラなので言葉の壁はないし、体力的にも年下に負けないらしい」(事務所関係者)
ドラマ内でも、千葉雄大や大東駿介ら若手俳優と絡むシーンの立ち居振る舞いが美しいと評判だとか。

新たな年の差カップル誕生の予感がする!?

稲森いずみ「反町ショックが響くも狙いを変えて見事復活」テレビ美女のオトコ事情

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.