日刊大衆TOP 芸能

NHK 朝の連ドラVS大河ドラマ女優 知られざる「ベッドの実力」五番勝負! vol.1

[増刊大衆8月27日号]

現役ヒロイン「視聴率」対決
綾瀬はるかVS能年玲奈

NHK大河や朝の連ドラでの主演は、女優にとって勲章のようなものだろう。

そんな栄光の座を今年、獲得したのは、大河ドラマ『八重の桜』で主演する綾瀬はるか(28)と、上半期の朝ドラ『あまちゃん』のヒロイン・能年玲奈(20)だ。

視聴率では、すでに勝負アリで、22%台を維持する『あまちゃん』が、12%台に低迷する『八重の桜』を圧倒している。
「『八重の桜』は開始当初、八重の出番が少なく、綾瀬の魅力が伝わってこなかったのが響きましたね。でも今後、舞台が明治以降に移れば、西洋ふうのドレスを着た彼女が、谷間を露わにする場面があるとの話もあります。そうなれば、V字回復も夢ではないですよ」(テレビ誌記者)

ぜひ綾瀬には、映画『プリンセス・トヨトミ』を越える"乳揺らし"を披露してほしいものである。

一方の『あまちゃん』は、ヒロイン・アキを演じる能年の初々しさと、宮藤官九郎の脚本、ヒロインの母を演じる小泉今日子の好演などもあって、視聴率はウナギ登り。これほどヒットするとは、NHK関係者にとっても"じぇじぇじぇ!"だったに違いない。
「劇中で、アキが結成するアイドルユニットGMT47が歌う『暦の上ではディセンバー』のCDリリースも決定し、暮れの紅白歌合戦は当確という声も。"本家"AKB48と共演させるプランもあるようです」(芸能ジャーナリスト)

視聴率と話題性では、能年が綾瀬に圧勝した格好だが、"ベッドの実力"となれば話は別だろう。

スキャンダル処女の能年に対して、綾瀬は09年の大ヒットドラマ『JIN-仁-』で共演した大沢たかおとの"お泊まり愛"が報じられた実績がある。
「綾瀬はスレンダーでいながら、おっぱいは88cmのFカップ巨乳という、男好きするナイスバディの持ち主。大沢と破局後、男はいないようですが、あの肉体をもってすれば、男の1人や2人、すぐにコロッと落ちますよ」(芸能記者)

普通に考えれば、夜の実力は綾瀬の圧勝だが、能年の潜在的な"性的能力"も侮りがたいという。芸能ライターの織田祐二氏は、「能年は、共演中の小泉今日子に可愛がられているんです。小泉は、清純派きっての肉食系である蒼井優の後継者になれる逸材と、能年の実力に太鼓判を押しているといいますからね。7月で20歳になった能年が、最年少で小泉会に入会するのは既定路線。そうなれば、彼女の"夜の実力"も伸びるはずです」

入会後はキョンキョン直々の指導が期待できるのだから、贅沢な話だ。加えて、こんな事情もある。
「能年はKAT-TUNの亀梨和也の大ファン。亀梨といえば、年の差を越えて小泉今日子と恋仲になったことで知られており、破局後も友人としてのつき合いは続いているといいます。つまり、小泉が能年に亀梨を紹介する可能性もあるんです」(夕刊紙記者)

初スキャンダルが世を賑わす日も近い!?

9月2日公開のvol.2に続く・・・。

現役ヒロイン「視聴率」対決
綾瀬はるかVS能年玲奈

NHK大河や朝の連ドラでの主演は、女優にとって勲章のようなものだろう。

そんな栄光の座を今年、獲得したのは、大河ドラマ『八重の桜』で主演する綾瀬はるか(28)と、上半期の朝ドラ『あまちゃん』のヒロイン・能年玲奈(20)だ。

視聴率では、すでに勝負アリで、22%台を維持する『あまちゃん』が、12%台に低迷する『八重の桜』を圧倒している。
「『八重の桜』は開始当初、八重の出番が少なく、綾瀬の魅力が伝わってこなかったのが響きましたね。でも今後、舞台が明治以降に移れば、西洋ふうのドレスを着た彼女が、谷間を露わにする場面があるとの話もあります。そうなれば、V字回復も夢ではないですよ」(テレビ誌記者)

ぜひ綾瀬には、映画『プリンセス・トヨトミ』を越える"乳揺らし"を披露してほしいものである。

一方の『あまちゃん』は、ヒロイン・アキを演じる能年の初々しさと、宮藤官九郎の脚本、ヒロインの母を演じる小泉今日子の好演などもあって、視聴率はウナギ登り。これほどヒットするとは、NHK関係者にとっても"じぇじぇじぇ!"だったに違いない。
「劇中で、アキが結成するアイドルユニットGMT47が歌う『暦の上ではディセンバー』のCDリリースも決定し、暮れの紅白歌合戦は当確という声も。"本家"AKB48と共演させるプランもあるようです」(芸能ジャーナリスト)

視聴率と話題性では、能年が綾瀬に圧勝した格好だが、"ベッドの実力"となれば話は別だろう。

スキャンダル処女の能年に対して、綾瀬は09年の大ヒットドラマ『JIN-仁-』で共演した大沢たかおとの"お泊まり愛"が報じられた実績がある。
「綾瀬はスレンダーでいながら、おっぱいは88cmのFカップ巨乳という、男好きするナイスバディの持ち主。大沢と破局後、男はいないようですが、あの肉体をもってすれば、男の1人や2人、すぐにコロッと落ちますよ」(芸能記者)

普通に考えれば、夜の実力は綾瀬の圧勝だが、能年の潜在的な"性的能力"も侮りがたいという。芸能ライターの織田祐二氏は、「能年は、共演中の小泉今日子に可愛がられているんです。小泉は、清純派きっての肉食系である蒼井優の後継者になれる逸材と、能年の実力に太鼓判を押しているといいますからね。7月で20歳になった能年が、最年少で小泉会に入会するのは既定路線。そうなれば、彼女の"夜の実力"も伸びるはずです」

入会後はキョンキョン直々の指導が期待できるのだから、贅沢な話だ。加えて、こんな事情もある。
「能年はKAT-TUNの亀梨和也の大ファン。亀梨といえば、年の差を越えて小泉今日子と恋仲になったことで知られており、破局後も友人としてのつき合いは続いているといいます。つまり、小泉が能年に亀梨を紹介する可能性もあるんです」(夕刊紙記者)

初スキャンダルが世を賑わす日も近い!?

9月2日公開のvol.2に続く・・・。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.