日刊大衆TOP 芸能

北川景子、自分の手料理が「山賊っぽい」

北川景子、自分の手料理が「山賊っぽい」

女優の北川景子(28)が7月8日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に出演し、自身の普段の生活についてトークを展開した。

今年28歳になったという北川は、1年半ぶりの同番組出演。MCのTOKIO・国分太一(40)から何か変わったかと聞かれ「これまでの暴飲暴食が、最近はできなくなった」と回答。理由については「内臓の年齢」と、独特の言い回しで説明した。

さらに「近頃は手料理を楽しんでいる」と報告。時代劇で料理人の役を演じた際、専門家に手ほどきを受けたことがきっかけになった、と説明したが、以前の自分について「山賊っぽい料理しかできなくて」と表現。

「山賊料理って何!」と、サバイバル料理が本職のようなTOKIOのメンバーから食いつかれ、苦笑いを浮かべながら「大雑把に切るだけとか炒めるだけとか…“食べられたらいいじゃん”みたいな」と説明し、意外なエピソードを明かした。

北川景子、自分の手料理が「山賊っぽい」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.